FC2ブログ

再始動!(『暁』1940製作その5)

本年もよろしくお願いいたします。


昨年は夏以降各方面に大変ご心配、御迷惑をおかけしましたことを

改めてお詫び申し上げます。

大変申し訳ありませんでした。。。。m(__)m

自身の神経痛の発生、実母の病気の発覚から入院、死去と昨年末にかけて

神も仏も恨むばかりの不幸続きでどうにもならない状況が続いておりました。


肉体的にも精神的にも疲れ果ててしまい、時折気持ちを立てなおしては

好きな製作作業を進めたり、ゲームなどで気を紛らわしたりなどなど非常にしんどい半年でした。。。


年明けもまだしばらく落ち着くまで時間がかかっている状況ですが、

今日のこの大安吉日を再始動のご報告、と決めていたので

喪中ということもあり、毎年の年末年始とは違って比較的時間も出来たので

コツコツ準備をし直しておりました。


私事になりますが、実母は昨今の平均寿命からすれば大幅に早く逝ってしまったと

今でも思います。病気がわかった時には手の施しようもなく、複数の病院の先生にかかりましたが

診断は同じでした。


年二回の健康診断もちゃんと受けていたにも関わらず全く分からず、

夏の検査の結果で分かった時には完全に手おくれでした。

もちろんすぐに本人にも告げましたが、苦笑いするしかなかった感じでした。

医師から「現代の医学でも早期に発見して外科手術で処置することが非常に難しく、

分かった時にはすでにそのタイミングを逃してしまうことがほとんどの病気です。

申し訳ありません。。。」と告げられた時の事は忘れないと思います。


ひとつ、母が問い返したのは

「お酒も飲みませんし、タバコも吸いません。日頃の食事や運動にも気をつけていましたが

それでも防ぐことはできなかったのでしょうか?」と

医者から「はっきりと因果関係が証明されたわけでは無いですが、おおよそ半分以上の

確率で遺伝的要因を言われ続けております。」


この説明に、隣で笑いながら肩を落としていたことが今になって強烈によみがえってきます。




今改めて思うのは、寿命なんて誰もわからない。

分かった時にはただ、それを己の天命として受け入れるしかない事。

原因や理由の如何を問わず、それは誰にも等しくあること。


幸いにして息を引き取るときに傍にいることができました。

それだけに身をもって「人の生き死に」を教えてくれた母には感謝しかありません。


このブログでこう言ったことを書き綴っていますが

私自身の記憶と記録の為、そして

「今、そしてこれから生かしてもらえている間に自分にできる最大限を生きよう」と

今更ながら強烈に思い知らされたことを書いておきたかったのです。


ご理解くださいますようお願いします。



模型についても同様に

「これからどれだけ多くの作品を送り出せるか?」

そして、願わくはどれだけ記憶にとどめてもらえるような作品にできるか?

そのことを強く思うようになりました。


今日から再始動です!

今後ともよろしくお願いいたします。m(__)m



今日の記事はここで一旦区切ろうかと思いましたが、

製作記事のブログなので製作記事を掲載します(笑)



ヤマシタホビー特Ⅲ型『暁』

煙突周りです。




akatsuki326.jpg


特徴的な烹炊管の先端はキットパーツではH型になっているのと配管の経路が変わるので

アルミパイプと写真のようにテーパーのついたラッパ状先端を表現するのに艦載機パーツの

切り取って捨ててしまう主脚部分をドリルで穴あけして使いました。




akatsuki327.jpg

akatsuki328.jpg

akatsuki329.jpg


第二煙突基部の給気管も左右で形状が違っているので

これもアルミパイプを使って作り直しています。


予備魚雷筒の位置修正なども含めてもろもろの取り合いが変わってきます。

わかっている限りの情報を盛り込めていければ面白いと思います。



次回も引き続き『暁』の記事の予定です。


ですが、掲載する予定の物が半年~一年近く分溜まっているので(笑)

さぼらずに追いつけるように進めていきます(;^_^A


ここまでご覧いただきありがとうございました。



ではでは(^^)/
スポンサーサイト

ヤマシタホビー特Ⅲ型船体編(『暁』1940製作その4)

だんだんムシムシした空気になってきた関東です(;^_^A

本格的に暑くなってくると作業ペースも落ちるので、いい時期に集中して進めていきたいですね。。。


さて、今日の掲載記事はずいぶんと間が空いてしまっていましたが
(誠に申し訳ございません。。。)

ヤマシタホビー特型駆逐艦Ⅲ型一番艦『暁』です。

第6駆逐隊4隻すべてを製作なのですが、諸所の事情により手が止まっていたのでした。。。(´;ω;`)ウゥゥ

おもだった部分の解析やベースキットについての改修部分などをレジュメにまとめていく作業から

やり直していきました。

今日の掲載記事はその船体部分についての一回目になります。


では見ていきましょう(^^ゞ



akatsuki302.jpg

akatsuki303.jpg

akatsuki304.jpg

akatsuki309.jpg


船底に固定用ナットを仕込んで船体を組み上げていき、構造物部分のパーツを

あわせていきました。

今回もリノリウム部分は先に塗装して、その繊細な抑えのモールドにも

塗装で表現を加えていきました。


パーツの設計上ある程度仕方がないと思いつつ気になるのはスキッドビームの合わせ部分。

第二煙突の基部にも角型のダボ穴があります。

まず、これをどうするか考えました。


もともとピットロードのキット用にリリースされているファイブスターのEPセットを

ディテールアップの主材料とするべく進めていったのですが。。。。

当然ベースキットが違うために微妙にフィッティングに問題が起こりました。


akatsuki324.jpg


こういった部分ですね(;^_^A


艦橋の窓枠やその他諸々、、、、兵装についてはある程度調整ができるので

前回までの記事はその部分を先に掲載していたわけですが、

実はこういった部分が随所に出てきたために頭を抱えていたわけです。。。。。



ちなみにこちらはタミヤの往年のWLシリーズキットを徹底改修して製作した『響1943』です。
(ブログ、HPには未掲載)

hibiki013-vert.jpg
hibiki101-tile.jpg


最新のヤマシタホビーのキットは十分に検証されて設計された素晴らしいキットです。


なのでその全体のシルエットとディテールに合わせてバランスをとることを考えると

現在入手できるEPセットでも十分なものは存在してないので汎用品を基本に進めていく必要があります。



逆説的ですが、最新の好キットゆえの問題点に直面したわけです。

当ブログではⅠ型の『磯波』を掲載していますが、このⅢ型についても掲載前にほぼほぼ組み上げるまで

進めたものがあるのですが、やり直ししすぎてとてもお渡しできるレベルでなくなってしまいました。。。


という事で準備しなおして改めて取りかかりなおしています。

リノリウム部分まで進めたものの、これもやり直しという結果になってます(;^_^A


ハイディテールモデルゆえの悪戦苦闘。。。(´;ω;`)ウゥゥ


ではでは。。

アオシマフルハル雪風完成(『雪風』1941フルハル製作その5)

梅雨前線が北上しているようで、今夜あたりから雨降りの予報。

え?もう梅雨?!って感じですが、月日が流れるのが最近つとに早く感じます(;^_^A


アオシマフルハル『雪風』は最後のチェック。

応急木材と艦尾に艦名を取り付けて仕上げ完了です(^^)/


アクリめいとさんの特注台座に固定してケースに収めたところです。





yukikaze4362.jpg

yukikaze4364.jpg

yukikaze4365.jpg


非常に美しい台座で、ケースも多少縦長でスリムなサイズにして

手元で見ていただくときに近い位置で細部を見られるようにしました。


この美しい台座部分は作品をより一層引き立ててくれるのでおススメです(^^ゞ


一眼でHP掲載用の写真も撮影しました。

(その他の写真もあわせて近日中にHPにも掲載します)


yukikaze4011-vert.jpg
yukikaze4008-vert.jpg



こうしてみてみるとそのアクリル台座+金属脚パーツのおかげというか効果で

350のスケールに感じてしまうほど^^


アオシマフルハルキットのシルエットのすばらしさを改めて実感できました(^^)/


今回は新鋭駆逐艦『雪風』というイメージできれい目な仕上がりを目指しつつ、

重量感は損なわないような感じで意識していきました。


700のフルハル駆逐艦自体が私としては久しぶりでしたが、

このスケールでも十分その存在感が感じられると思います。


ここまでご覧いただきありがとうございました。


明日以降の掲載記事ですが、複数のテーマを同時進行的に

織り交ぜて進めていく予定です。


ではでは(^^)/

塗装からの艤装仕上げ(『雪風』1941フルハル製作その4)

朝早くの空気が気持ちの良い関東です^^


フルハル『雪風』は塗装作業から仕上げに向けて進めていきます。

まずはメタルプライマーを吹いてリノリウム塗装





マスキングの後に煙突の白線となる白を吹いてマスキング

続いて煙突トップと後マストの黒を吹いてマスキング、最後に船体色という手順で

だいたいいつも進めています。^^

終わったところがコチラ


yukikaze4338.jpg


さらに兵装や搭載艇、小物類を取り付けて艤装作業完了したのがコチラ(^^ゞ

(このあたり、作業を一気に進めるのでいつも写真が少ない・・・)


yukikaze4340.jpg


yukikaze4341.jpg


各部のアップです^^


yukikaze4342.jpg
yukikaze4343.jpg
yukikaze4344.jpg



煙突の白線は開戦前の所属を示すものにしています。(二水戦一番隊二番艦)


艦尾付近、パラヴェーンは甲板固定状態で取り付けました。

揚収機のサイズがわかりにくいですが、ナノドレッドのパーツと並べて撮ってみればよかったですね(^^ゞ



yukikaze4346.jpg

yukikaze4347.jpg


軽くスミイレした後にワイヤーワーク、ロープワークを施して一応完成状態です。

この段階でいったん確認待ち。


応急木材や信号旗などの演出物などをどうするか、などですね^^


話は変わりますが。。。。


先日火垂るの墓などのアニメ名作で知られる高畑監督がなくなられ、送る会の様子を写す映像が

テレビでも流れていたのを観ました。

それに類する追悼の記事など見ていて、ガンダムで知られる富野氏の

高畑監督についてのインタビュー記事を目にしました。

そのなかで、「ファンタジーの宮崎、リアリティの高畑」という文章があり、

読みながら改めていろいろと考えさせられました(;^_^A


静岡ホビーショーでも膨大な数の素晴らしい作品に触れながら、

帰りの新幹線からずっと考えていたこともあり、この文章を見たときにグサリと突き刺さりました。


今の自分にとってスケールによって違いはあるにせよ目指している艦船模型のイメージに対して

ずっとモヤモヤしていた部分でもあったので非常に響いた一言でした。


あくまで個人的な想いなんですが、模型にもこの言葉はすごく当てはまる気がします。

もちろんジャンル問わず、です。


ファンタジーを(演出)、リアリティを(説得力)と置き換えるとわかりやすいかもしれません。

架空の物でもそこに「あるかもしれない」という想像とつながる部分があるから『すごい』

また逆に全然思いつかなかった『すごい』もあります。


根っこの部分は「見ていてワクワクしてくる」

ここなんだろうと改めて強く感じました。



自分の作品を見てもらえた時、また手に取ってもらえた時にそう感じてもらえたら。

憧れますね(;^_^A



ではでは(^^)/

塗装前まで(『雪風』1941フルハル製作その3)

本日も快晴、とまではいきませんが今の時期らしい爽やか空気が気持ちいいですね^^

今日の掲載記事も引き続き『雪風』アオシマフルハルです。


艦橋や兵装、小物類の作業と塗装前までの組み付けしたところまでをご紹介します。


まずは艦橋



yukikaze4328.jpg



AKAのパーツセットに若干汎用EPを付け足した程度でこれだけの情報量になります。

特にトップの測距儀周りもしっかりパーツが用意されているのでありがたいです(^^)/


この時期のまだすっきりとした印象の艦橋を表現したかったので、多少控えめにしています。


続いて兵装と小物類です。


yukikaze4329.jpg


魚雷発射管はピットロードNEやナノドレッドの物も検討しましたが、

ディテールや形状は申し分ないもののサイズが若干大きく表現されているために

船体の構造物部分と干渉してしまいます。。。(;^_^A


(ピットロードのNEパーツ付きの陽炎型キットなどを手掛けたときに気づいた方も多いでしょう。。)


静模のパーツの四連装魚雷発射管はその盾形状は秀逸で、前後の発射管部分が

ちょっと寸法足らずでバランスが悪いのでピットロードのパーツとニコイチで組み上げることが多いです。


船体の搭載部分にフィットするように調整することができるのと、EPでジャッキステーや

ハッチなどディテールを追加する作業がしやすい点がメリットと思います。


発射管部分をNEパーツやナノドレッドのものをカットして使うのももちろんアリだと思います。



次に主砲


yukikaze4333.jpg


こちらはパーツセットにレジンパーツと金属砲身も含めてほぼすべて網羅しているので

そのまま組み上げています。


その他の小物類


yukikaze4334.jpg


爆雷投射機はフライホークのEPです。パラヴェーンはジェニュインモデルのレジンパーツ。

フライホークの物は若干大ぶりなのですがEPということもありバランスが悪くなることは無いと思います。



次の写真は掃海具揚収機をスクラッチしたものです。


yukikaze4337.jpg


ナノドレッドでラインナップされているパーツも検討しましたが、

以前からそのサイズが大ぶりなのが気になっていて、ただでさえ狭い甲板にドカッと乗っかるようで

最近は使っていません。

プラ材やスプリング、その他汎用品からの流用でそれらしく作ってみました。


最後に船体に艦橋を組み付けてマストを組み上げていきました。

手すりなどもこの段階で取り付けてメタルプライマーを吹き付けています。



yukikaze4330.jpg

yukikaze4331.jpg

yukikaze4332.jpg


全体と艦橋付近はこんな感じです^^

マストも今回はEP組み上げで行きましたが、仮組の時にしっかりフィットしてくれるのもあって

そのまま採用しました。


EPのセットがあるとはいえ網羅できていないところもどうしても出てくるので、

手の入れ加減がなかなか悩みどころです。(^^ゞ


ベースキット、支給パーツや予算ありきでの製作、という事情もありますができるだけ汎用品などを使って

細かいところを工夫しながら製作するスタイルが定着してきた感じです。。。。


このあたり、拘る向きにはボラードを金属パーツに変更したり、

配管の先をレジンパーツに変更したりなど他にも手の入れようは出てくると思います^^



作業はここから塗装、艤装、仕上げへと進んでいきます。


ここまでご覧いただきありがとうございます。


ではでは(^^)/
プロフィール

ガク@工場長

Author:ガク@工場長
艦船模型を製作しています。
製作依頼は下のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。

カウンター
リンク
作品リスト
コメント
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログランキング
ブログランキング参加しました!クリックお願いします^^
艦船ブログランキング
艦船ブログランキング参加しました。クリックお願いいたします!
メール
お問い合わせなどメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文: