fc2ブログ

んでもって仕上げ作業して完成(笑)(『ワード(DD-139)1941』製作その3)

今日は朝から晴天の神奈川ですが、、、、


まだまだ空気は冷たい(=_=)


明後日くらいからようやく春めいてくるらしいけど


もう3月じゃ!!!!


という事で、(なんのこっちゃ)『ワード(DD-139)』は最終仕上げ作業からの完成まで(^^)/






dd139-317.jpg



dd139-318.jpg


ウェザリングは少しタフ目に施してすでに老朽艦一歩手前の


雰囲気を狙ってみました(^^ゞ


最後に貼り線作業とロープワーク、旗など取り付けて完了!



dd139-321.jpg

dd139-322.jpg



dd139-323.jpg


一本マストという事もあるので


支持ワイヤーロープなど少し密度を高めに貼りこんでみています(^^)/


ちょっとしたことですがこの辺りもいわゆる一次大戦期の面影が残る


ベテラン艦の雰囲気の乗せどころでもあります^^




という事で完成写真を何点か。。。




ward007-vert.jpg
ward010-vert.jpg
ward101-tile.jpg



一見シンプルでスッキリに見えても


グッと寄るとなかなかそれなりに密度を感じさせてくれるキットですね^^


個人的にも非常に好みに近い感じに仕上がったと思います。


甲板のデッキブルーも敢えて暗めに塗装しておいて


グレーのスミイレ塗料でムラや退色表現を加えつつ


最後のトップコートで一段明るくなる分も計算して調色したのが


まぁまぁハマってくれてよかったです^^



ここまで、ご覧いただきありがとうございますm(__)m


次回から違うテーマになりますが


フライホークキットの真骨頂?となる大型艦の製作記事の予定です。



ではまた(^^)/


業配信のリンクは以下になります^^

Youtubeチャンネル
Gaku_Oisoチャンネル


ブログランキング応援ありがとうございます!
引き続き何卒よろしくお願いいたします。(^^)/


よかったらツイッターのフォローもどうぞ
twiiter:@Gaku_Oiso
(最近スペースもやったりしてます)


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

商標レリーフ2-2-120
製作依頼のお問い合わせはこちらへどうぞ。


スポンサーサイト



塗装して艤装して(『ワード(DD-139)1941』製作その2)

寒い日が続いております。。。。(=_=)
(なかなかあったかくなってくれない!!!!)

作業の効率も下がりっぱなしなのでもういい加減にして欲しいくらい


今年は冷えますね。。。。


フライホークキットの米駆逐艦『ワード(DD-139)』は


塗装してからの艤装作業へ^^






今回は甲板はデッキブルー(ピットロードカラー)を少しだけ調色したものと


船体はオーシャングレーというシンプル塗装です。


時期的に開戦前にする場合はヘイズグレーで


ハルナンバーはデカ文字を使うと雰囲気が出てくると思います。


今回はハルナンバーデカールも小さいほうを使って


開戦時のある種緊張感が増してきたころを想像して


組んでいきました^^



dd139-310.jpg


dd139-311.jpg


いきなり組みあがってますが(笑)


兵装含めてパーツごとの塗装を済ませて


後はどんどん組付けていくだけでこんな感じになります(^^ゞ


各部のアップです。


dd139-312.jpg

dd139-313.jpg

dd139-314.jpg

dd139-315.jpg


塗って組んだだけ、でこの情報量!


しかもオーバースケールになりがちな700のキットの中でも


バランスをうまく取っていて非常に引き締まった雰囲気を出しています。


ごく一部不足しているわけでは無いのですが足しておきたい部分を


まさに「チョイ足し」程度で手を加えた程度になります。



ここからウェザリングや貼り線、ロープワークなど


最終仕上げ作業に入っていきますが、


逆の意味で一番重要ともいえる「魂を入れる作業」に集中できるので


これはこれでいいのかもしれません(;^_^A



という事で、今日のところはこの辺で


次回完成まで掲載します。



ではまた!(^^)/

作業配信のリンクは以下になります^^

Youtubeチャンネル
Gaku_Oisoチャンネル


ブログランキング応援ありがとうございます!
引き続き何卒よろしくお願いいたします。(^^)/


よかったらツイッターのフォローもどうぞ
twiiter:@Gaku_Oiso
(最近スペースもやったりしてます)


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

商標レリーフ2-2-120
製作依頼のお問い合わせはこちらへどうぞ。

フライホークキットのクオリティ(『ワード(DD-139)1941』製作その1)

先週の後半は個人的にいろいろありまして・・・


ブログの更新もお休みしてました。m(__)m


今日から新しいテーマです(^^)/
(製作自体は二年前なんですけど。。。)


フライホークのインジェクションキットの扱いが無かったなぁと思いつつ


リリース自体もかれこれ5年以上前ですが最初期のフライホークのキットでもあるので


どういった性格を見せているかも含めてご覧いただければ嬉しいです^^




キットの構成はこんな感じです。




IMG_7067.jpg



キットはフルハルも選択できるようにパーツは用意されていましたが


今回はWLで^^
(成形のゆがみ等確認しやすい)


また豪華版(限定版)構成なので、レジンパーツや金属砲身なども同梱されていました^^


つまり箱の中だけで出来上がるという構成です。



・・・と、いう事で塗装作業前までの製作作業完了の様子
(あっという間でスミマセンm(__)m)

IMG_7072.jpg

IMG_7073.jpg

IMG_7074.jpg

IMG_7075.jpg


構造物含めそのまま組み上げていくだけで


こんな感じになります(^▽^;)


マストの一部だけ、実艦の写真など見ながら作り変えていますが


パーツそのものはかなり近い形状をインジェクションで用意しているので


そりゃもうなんというか。。。


製作しているときは「ここまで来たか~」と空恐ろしくなりました(笑)



続いて船体の様子です。

IMG_7079.jpg

IMG_7078.jpg


写真でもわかると思いますが、


平甲板の船体の甲板にテーパーが付いてます!( ;∀;)


手すりもそのまま指示通りにくっつけただけ


特徴的なダビッドなども気持ちよく決まってくれます。
(そりゃそうだよね)



この時のフライホークはドイツのUボートから始めていて


ようやく水上艦艇にラインナップを移してきたタイミングだったのですが


いわゆるエッチングパーツとの複合構成を前提に設計していて


インジェクションで難しい細かい部分は最初から成形からオミットし


専用のPEと同梱することでそのまま出来上がるというハイブリッドキット。


クオリティ含め従来キットと差別化をしていた当時としては画期的なキットで


価格面含め圧倒的ともいえる革命的キットで挑んできた構図になります。
(もちろん今現在もそのスタイルでラインナップを拡充してくれています)



今現在も流通しているかちょっと微妙な感じもしますが


対象としてはともかく、艦船模型のハイディテールを目指している方にとっては


まったくもって最適なキットといえると思います。


レジンパーツの扱いも経験でき(下処理など)


且つ程よい良と質のエッチングパーツなので挑戦しやすく


肝心のフィッティングは折り紙付きの精度という内容なので
(要は間違っていたりズレて付けたら一発でわかるので)

大型艦にいきなり挑戦するよりは


はるかに気軽にハイディテール製作の世界を体験しやすいです^^
(もちろん価格的にも)

という事で、次回はサクッと仕上げに向かっての内容を掲載します。



ではまた!(^^)/

作業配信のリンクは以下になります^^

Youtubeチャンネル
Gaku_Oisoチャンネル


ブログランキング応援ありがとうございます!
引き続き何卒よろしくお願いいたします。(^^)/


よかったらツイッターのフォローもどうぞ
twiiter:@Gaku_Oiso
(最近スペースもやったりしてます)


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

商標レリーフ2-2-120
製作依頼のお問い合わせはこちらへどうぞ。



プロフィール

ガク@工場長

Author:ガク@工場長
艦船模型を製作しています。
製作依頼は下のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。

カウンター
リンク
作品リスト
コメント
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブログランキング
ブログランキング参加しました!クリックお願いします^^
艦船ブログランキング
艦船ブログランキング参加しました。クリックお願いいたします!
メール
お問い合わせなどメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文: