FC2ブログ

木甲板表現・・・悩みますね~(『大和』1945製作)

『秋月』の製作記事が続いていましたが・・・^^;

『大和』も進行中です^^

木甲板表現を先に進めていきました。

・・・が、しかし・・・・

実は『大和』を製作するにあたり、これは『武蔵』にも言えることなんだと思うのですが一体どんな色?????

これです。。。。。(@@)

黒塗装と作例も多く見る、いわゆる最終時なのですが・・・実際にはどうだったのか?

個人的にいろいろと調べたりしていたのですが、なかなか一応の結論にまでたどり着かず遅々として進みませんでした。

最期となる出撃の前に米軍機により偵察撮影された上空からのわりと鮮明な写真は白黒とはいえかなり黒く写っていること、『武蔵』の最終時となるレイテ沖海戦時の前に甲板を迷彩の目的で暗い色を全面に塗っていた、とする証言からこのような推測がされていたのは周知のことですがこと『大和』に限っては、乗組員の証言から最終の出撃前に甲板の清掃は命令されて行われていたものの黒く塗ったとする証言にはたどり着きませんでした。

では、なぜあんなに黒く写っていたのか?

木甲板は長く海水や風雨に加えて洋上の強い直射日光にさらされているので、そのままではあっという間に劣化してぼろぼろになってしまいます。そこでいわゆる釉薬が塗られていました。(ニスやワックスという意味ですね^^)

ヒノキなどは特に釉薬や水濡れで色が変わることが多く、(ヒノキ風呂の浴槽でイメージしやすいと思いますけど)塗れた状態ではかなり濃い褐色に近くなります。逆に乾燥している状態だとほとんど白に見えると考えられます。そのほかの木材もその特徴は同じです。もう一つ、撮影条件によって白黒フィルムの場合、実際の色味とは違ったコントラストに写ることもしばしばです。

当時の白黒フィルムは赤の濃淡がより強調される特徴を持ったものが多く、茶色も黒もほとんど同じに見えることが多かったことを考えると、甲板上の明るさの違いも説明がつくと思いました。

以前の仕事でお付き合いのあった年配の大工さんに話を聞いたところ、『ヒノキ材は防虫には優れているけど通気性がいい分表面の劣化が激しいから必ず釉薬を塗ったし、その材料となるものの配合は使う場所や用途で全く変わってきて仕上がりの色も全然違うよ』との話でした。

真水が前提の風呂桶などは目地部分の水漏れと擦れなどの痛みから守るために実はかなり厚く塗っていたそうで、それとは逆にヒノキの持つ木目の美しさを消さないために透明に近いものをよく使ったとも教えてくださいました。

・・・・で、さんざん悩んだ挙句、最終時(戦闘時も含まれると思います)は出撃前は清掃で濡れていて褐色。戦闘中の写真も激しい雷爆撃による水しぶきで常に濡れていた、と推測するに至り褐色の強い木甲板表現にすることにしました。



前置きがながくなりました・・・・



ベースとなる木甲板塗装を塗り分けまでしたところです。

サンディブラウンをベースに7色くらい使って塗り分け塗装しました。

ここからさらにウォッシングやスミイレの作業で雰囲気を出していきます。

yamato318.jpg


一回目のウォッシングと軽いスミイレした状態です。


yamato317.jpg


さらに仕上げの薄ぶきと再度のウォッシングにスミイレをして全体を落ち着かせました。

最終的にはトップコートを吹くのでこれよりもう少し明るく見える仕上がりになると思いますが、こんな感じにまとまりました(@@)


yamato319.jpg


最後の写真はサンプルとして先に実験を兼ねて空母の飛行甲板や、同じ大和型の船体のキットを使って何回か色合いなど変えて試したものとの比較です。

船体比較で使用したフジミのキットの方が下で、より黒を強めに表現したのに加えてモールドの強さがその差に出ていると思います。

やっと木甲板塗装がおわり、いよいよ製作作業本番に入れます^^;

蛇足ですが、空母等の飛行甲板は戦艦とは全然違って高い位置に甲板があるので、よほどの悪天候でない限りぐっしょり濡れていることは少なかったことからかなり明るく写っている写真がほとんどなのかもしれません。真珠湾作戦の時の白黒フィルムが残されていますが、あの大しけの中ではおそらくかなり褐色に見えていたでしょうし、雨天時の撮影とされる『翔鶴』の甲板の写真は反射もありますが、濡れていてほとんど黒光りしているように写っています。

ただ、釉薬もその意味では水上戦闘艦とは違って塗られていた厚みや材料の違い(不燃対策もあるかもしれませんが・・・戦闘艦もその意味では同じですね^^;)と常に航空機がその上を発着艦していたこともあるので地板が出ていたことが多かったのかもしれないですね~

さんざん悩んでしまいましたが・・・なんとか!!!


次回へ続きます^^

ではでは(^^)/

船体作業^^(『大和』1945製作)

『大和』製作記事、再開ですー^^

船体の基本処理になかなか手間取りました^^;

タミヤのキットも新金型からそれなりに経過しているので非常に微妙なヒケが各所に見られました。

パテ打ちと研ぎだし、3回目・・・・(@@)

最後の溶きパテ打ちをしたところです。




う~~ん^^

美しいカーブ・・・・


yamato308.jpg


いつも思います。もちろん実艦を設計、建造した先人たちの素晴らしさももちろんなんですけど、キットとして見てみてもいいです。



yamato309.jpg


ここが一番ヒケがひどかったです。


ようやく、基本処理が終わったところです。


yamato312.jpg



yamato311.jpg


艦首のこの部分は一番神経を使いましたね~^^;

ビシッとシャープに、それと流麗なカーブラインをうまく出せていればうれしいです。



yamato313.jpg

後部のヒケ部分もようやく整いました。

今回は船体の溶接痕については大きいこともあるのでサーフェイサーを厚ぶきして段差表現で行きます。


カッターなどでラインをけがく方法もありますが、ご依頼主のお好みもありますので今回はあまりうるさくならない様に縦のパネルラインは入れていません。


yamato315.jpg



yamato314.jpg


また、サーフェイサーの効果で細かな削り傷などもきれいになりますのでなかなか美しい船体がようやく出来上がりました^^;



旧海軍艦艇の中でもこの『大和』型と空母大鳳に関しては戦前に設計、建造された艦と隔世の感があると個人的には思います。それまでの試行錯誤の一集大成としてある種の完成された機能美を持っているように思えますね・・・・


ただ、それもいわゆる機能美だけの姿というよりもなにか”日本人らしさ”を感じる曲線と直線の絶妙なバランスというのか^^

まぁ兵器ではあるのですが、なぜかどことなく雅な雰囲気を感じるんですよね。。。

同時期の各国海軍の戦艦、、アイオワ級、ビスマルク級、キングジョージ五世級、リシリュー級、などなど外観上のデザインに限らず各国のその時の状況なりを特に反映していたとはいえ比べてみると非常に興味深い違いだと思いました。

さて、『大和』はこのまま船体のそのほかの部分を進めていきます。

ではでは(^^)/

スーパーメジャー!(『大和』1945製作)

メジャー路線のもう一つは、、、、

そうです、戦艦『大和』!!

まさにスーパーメジャー。

戦艦の作例が少ない、当工廠ですが。。。。製作していないわけでは無いのです。^^;
中でも『大和』『武蔵』は非常に人気が高い艦ですよね。

なんで気合入りまくりなんですが、そのせいかいつも途中で手が止まる・・・・不明なところが多すぎるのとその運命の悲劇さが故に腰が引けていたかもしれませんが。。。(汗)

世界最大最強の戦闘艦!いよいよ取りかかります。





キットはタミヤとフジミのキットを用意して比較するところから始めました。

現代においては記録や資料の発見が進み、昨年はあの『武蔵』も海の底で眠る姿が発見されました。どんどん明らかになっていくことを願っていますね~^^

船体が大きいこともありますがインジェクションキットでもかなりの反りが見られましたのでその矯正と、内部にはバラストとプラ材などでがっちり固めていきました。写真は上がタミヤキットで下がフジミのものになります。

モールドのカッチリ感はさすがタミヤといったところです。フジミも新シリーズ第一弾として復活してきた最初のモデルでもあるのでキットの質はともかくなかなか良いフォルムだと思いました。



yamato304.jpg

今回は使用するエッジングパーツセットの仕様も含めてタミヤキットをベースに製作することに。。

艦橋から煙突、細部の構造物のパーツに至るまで比較、検証しましたが、、、、パーツ割りも含めて非常に似ているのは人気艦ゆえでしょうね~

おおかた仮組してバランスを見てみましたが、

ん~~~~~~

ほとんど好みのレベルですかね。。。ただバランス的にフジミのほうが艦橋含めて構造物をわずかに大きめにエフェクトしている感じに思えました。

残されている実艦の写真のイメージにより近いのはタミヤキットの方かなと個人的には思いますが、アングルでかなり印象が変わってくるのでどちらともいえないかなぁ・・・・(@@)

ただ、特に船体はよく知られているように細部はかなり違いますので、例えばパーツセットをコンバートして使う場合などには注意が必要だと思います。

写真は先に削り取って組み込んでおく飛行機格納庫のエレベーター周りを取り付けて船体を組み上げたところです。



yamato305.jpg


下ごしらえ中の写真です。(フジミのほうは割愛します)



yamato303.jpg

今回お送りいただいたキットはファインモールドとの限定コラボ商品で豪華版です。

なので必要な追加パーツはこのように全部同梱されています。


yamato302.jpg

ボラードはアドラーズネストの『大和』型専用パーツ^^


・・・というわけで、当工廠版戦艦『大和』製作開始です!

よろしくお付き合いくださいませ。

ではでは(^^)/
プロフィール

ガク@工場長

Author:ガク@工場長
艦船模型を製作しています。
製作依頼は下のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。

カウンター
リンク
作品リスト
コメント
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログランキング
ブログランキング参加しました!クリックお願いします^^
艦船ブログランキング
艦船ブログランキング参加しました。クリックお願いいたします!
メール
お問い合わせなどメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文: