零式水偵作業続き^^(『利根』1944(350)製作その7)

こんばんは~


『利根』は艦載機の製作を進めてます。

先に零式三座水偵ですが、機体の塗装を先に済ませていきました。(^^)/






コクピットをある程度作りこむ関係でキャノピー部分は後で取り付けます。


内部のパーツを汎用エッジングパーツを使ってそれらしく取り付けました。


tone366.jpg


tone365.jpg

零式水偵の一機は主翼を折りたたんだ状態で仕上げるので、カットしてあります。


この後は機体内色を塗装してからコクピットシート、計器パネルなどを

仕上げていきます。


今日のところはこの辺で(^^ゞ


搭載艇などの他の物も進めていますが、それもまた掲載予定です。


ではでは(^^)/

ブログランキング応援ありがとうございます!
引き続き何卒よろしくお願いいたします。(^^)/



模型・プラモデル ブログランキングへ

商標レリーフ2-2-120
製作依頼のお問い合わせはこちらへどうぞ。

スポンサーサイト

艦載機の製作(零式水偵)(『利根』1944(350)その6)

こんばんは^^


今日は結構湿度を感じましたね^^;

あっという間に梅雨入りしてしまうんでしょうかね。。。


『利根』は小物類の製作にかかりました。

ますは零式三座水偵




tone322.jpg


このキットの艦載機パーツはこのスケールという事でディテールも十分^^


素晴らしいのは翼のパーツのシャープさで、しっかりスケール的にバランスの取れた

”薄さ”を出しています。


フロート用のダボ穴をプラ材で埋めて、そのほかもゲート処理など基本作業をしました。


tone348.jpg

tone362.jpg


今回は350という事でコクピットも少し作りこむ予定でパーツを彫りこんでいきました。


カウル部分のエッジングパーツを取り付けて先に塗装に進みます。


『零式水上観測機』も一緒に作業していますが、それはまた次に掲載します(^^)/


ご覧いただきましてありがとうございました!


ではでは(^^)/

ブログランキング応援ありがとうございます!
引き続き何卒よろしくお願いいたします。(^^)/



模型・プラモデル ブログランキングへ

商標レリーフ2-2-120
製作依頼のお問い合わせはこちらへどうぞ。

93式酸素魚雷(『利根』1944(350)製作その5)

こんばんは^^


今日も所によっては夏日となるような陽気でしたね^^;

朝夕との寒暖の差になかなか体がついてこなくなってきていてちょっとショック。。。


割と風邪をひきやすい時期でもありますよね(;^_^A


さて、『利根』の方は先に上甲板部分を進めていきました。


93式酸素魚雷の発射管と予備魚雷のパーツを仕上げて、、、




tone352.jpg


船体内部の塗装を済ませて取り付けました。


発射管はタミヤおなじみのポリキャップ仕様になっていて、


角度が自由に変えられるようになっています。


完成した後でもペン先等で軽く動かすことができる程度の固さです。


それでいてがたつきが見られないのは良い感じです。^^


tone354.jpg


最上甲板の裏側、天井になる部分は白塗装にしました。


仮組して様子を見ましたが、覗き込んでみて「あ、白くなっているんだ」という

程度の雰囲気でまずまず。


tone355.jpg

tone356.jpg



こんな感じです。


予備の魚雷もちょっとだけ顔を出していてなかなか雰囲気出ています。

キャンバスのパーツも用意されているので一応塗装して準備しておきました。


次は先に艤装の製作を進めていきます。


ご覧いただきましてありがとうございました!


ではでは(^^)/

ブログランキング応援ありがとうございます!
引き続き何卒よろしくお願いいたします。(^^)/



模型・プラモデル ブログランキングへ

商標レリーフ2-2-120
製作依頼のお問い合わせはこちらへどうぞ。

小物整理第1弾(『利根』1944(350)製作その4)

こんばんは^^


ゴールデンウィークも今日で終わりました。。。。(;^_^A

最終日の今日は明日からに備えて家でのんびり、、、といった方も多かったのでは?


『利根』は先に小物整理をしていきました。

といっても700とは比べ物にならないほど、タミヤにしてはパーツ数も多いので


ここらで一度確認含めて整理しておきました。







95式射撃指揮装置です。

ライオンロアのパーツセットに用意されているものでディテールを追加していきました。


tone324.jpg



tone325.jpg


パラヴェーンはこんな感じで、キットパーツを一部カットして

エッジングパーツを付けていきます。


tone327.jpg


22号電探はラッパ部分を開口して、内部のテーパーも削り出していきました。


左が作業後です。



tone328.jpg



その他、給気筒や双眼望遠鏡など艤装品の中でも細かいものを切り出して

一つ一つ、ゲート処理やパーティーライン消しの作業を済ませました。


まだまだあるのですが、分野別にこんな風に整理していくと後が楽です。


ここまでご覧いただきましてありがとうございました!

明日も引き続き『利根』の製作記事の予定です。


ではでは(^^)/

ブログランキング応援ありがとうございます!
引き続き何卒よろしくお願いいたします。(^^)/



模型・プラモデル ブログランキングへ

商標レリーフ2-2-120
製作依頼のお問い合わせはこちらへどうぞ。



GWというわけじゃないですが。。。(『利根』1944(350)製作その3)

おはようございます!


・・・・このくだりは初めてかも(笑)


このゴールデンウィークはいいお天気に恵まれて、お出かけされた方も

多かったのではないでしょうか?(^^)/


今月に入り、ブログを少しお休みしていました。


見に来てくださっている方にはご心配をおかけしました・・・(;^_^A

特に出かけてお休みしていたわけではないのですが、いろいろとありまして・・・

切りのいいところでいったん諸々整理したかったこともあり数日お休みいただきました~



その間、ツイッターの方はちょこちょことやりながら、

HPのギャラリーの更新作業などしておりました。


重巡洋艦『鈴谷1942』『三隈1942』『熊野1939』と軽巡洋艦『阿賀野1943』を

再編集、未公開作品を掲載しました。


お時間のある時にでもごらんくださいませ(^^)/



さて、前置きが長くなりましたが、、、、、

製作記事に参ります。


しばらくぶりだった重巡洋艦『利根』1944の350です。


艦橋の窓枠、遮風装置など進めていきました。





tone315.jpg

tone319.jpg


防空指揮所(天蓋)と窓枠の合わせにかなりの時間をかけて作業をしていきました。


この部分の合わせ目が神経を使うところで、、、


最終的に仕上げの段階で合わせ目も消していく作業を予定しています。



tone332.jpg

tone333.jpg


羅針艦橋部分の遮風装置も組み上げて、機銃座や射撃指揮装置など

おもだった部分を組み上げてバランスを見ています。


トップの測距儀はポリキャップで可動可能なので一応そのままにして

動かすことで回転にストレスがかかったりしないかチェックしてみています。



タミヤのキットはこのあたりも非常に行き届いているうえに、製品としての精度も申し分なく


実にスムースに動いてくれました^^




引き続き、『利根』1944(350)の作業を進めます。


ここまでご覧いただきましてありがとうございました!

ではでは(^^)/

ブログランキング応援ありがとうございます!
引き続き何卒よろしくお願いいたします。(^^)/



模型・プラモデル ブログランキングへ

商標レリーフ2-2-120
製作依頼のお問い合わせはこちらへどうぞ。

プロフィール

ガク@工場長

Author:ガク@工場長
1/700の洋上模型をメインに350やLEDを仕込んで製作しています。
依頼製作も承っています。お気軽にご相談ください。

カウンター
リンク
作品リスト
コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログランキング
ブログランキング参加しました!クリックお願いします^^
艦船ブログランキング
艦船ブログランキング参加しました。クリックお願いいたします!
メール
お問い合わせなどメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文: