FC2ブログ

船体作りこみ作業(『雪風』1945製作)

『雪風1945製作です^^


船体の主だったところは前回の記事でご紹介しましたが、艦橋を除く構造物を作りつけていきます。(^^)/



yukikaze319.jpg


全景はこんな感じです。塗装前は金ぴかですね~^^;

リノリウムと干渉しないところは船体色となるのである程度作りこみ出来るところまで進めていきます。

基本的にはパーツセットの写真を参考に製作を進めて問題ないだろうと思われますが、細かいところで部品は不足しているので(手すりなどですね)そのあたりは気を付けて進めています。部位ごとにチェックしながらやっている感じでしょうか^^;


yukikaze320.jpg


中央部の煙突付近です。

フジミのキットの素晴らしいところはこの辺のパーツの出来がいいところですね~^^

ただ、ゲートから切り離してパーティーラインなどの処理をするときに折ってしまいそうなくらい繊細なのでわりと神経使いますが…(@@)第一煙突付近の給気ダクトなど配管は開口部はドリルで開口しています。(写真ではほとんどわからないですが…)金属パイプで作ることもできなくはないのですが、このキットに限っては継ぎ手部分のモールドも非常に細く繊細でよい出来なのと、複雑に曲がっているところもきちんと再現されているのでいい具合に仕上がります。

第一煙突の霧笛菅など極細の金属線で再現しなおすのとほとんど変わらないよくできたモールドだと思います。

ジャッキステーのモールドだけ丁寧にカッターでそぎ落としてありますが、その痕を使ってパーツを決めていきます。



yukikaze321.jpg

後マストは先に組み上げておきました。13号電探は『雪風』はわずかに艦首方向に向かって右側にオフセットされています。微妙な再現ですがこの辺もおさえていきました。


yukikaze322.jpg

艦尾付近です。

艦名のパーツも取り付けました。塗りつぶしの予定ですが、後で削り出せば見えるのでこの段階で取り付けておきました。セットにはそのほかに磯風、浜風、浦風とあるんでこれはこれで便利です。

単装機銃の配備位置に防弾板がありますが裏側の補強三角板も穴あきのパーツを取り付けるといいと思いますが、パーツセットには無いので汎用品を使いました。

この後は兵装や艦橋、艤装品などこまごま製作していき、塗装へと進んでいきます。

次回も一応『雪風』の予定です。^^

ではでは(^^)/
スポンサーサイト



プロフィール

ガク@工場長

Author:ガク@工場長
艦船模型を製作しています。
製作依頼は下のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。

カウンター
リンク
作品リスト
コメント
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログランキング
ブログランキング参加しました!クリックお願いします^^
艦船ブログランキング
艦船ブログランキング参加しました。クリックお願いいたします!
メール
お問い合わせなどメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文: