FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマシタホビー特Ⅲ型船体編(『暁』1940製作その4)

だんだんムシムシした空気になってきた関東です(;^_^A

本格的に暑くなってくると作業ペースも落ちるので、いい時期に集中して進めていきたいですね。。。


さて、今日の掲載記事はずいぶんと間が空いてしまっていましたが
(誠に申し訳ございません。。。)

ヤマシタホビー特型駆逐艦Ⅲ型一番艦『暁』です。

第6駆逐隊4隻すべてを製作なのですが、諸所の事情により手が止まっていたのでした。。。(´;ω;`)ウゥゥ

おもだった部分の解析やベースキットについての改修部分などをレジュメにまとめていく作業から

やり直していきました。

今日の掲載記事はその船体部分についての一回目になります。


では見ていきましょう(^^ゞ



akatsuki302.jpg

akatsuki303.jpg

akatsuki304.jpg

akatsuki309.jpg


船底に固定用ナットを仕込んで船体を組み上げていき、構造物部分のパーツを

あわせていきました。

今回もリノリウム部分は先に塗装して、その繊細な抑えのモールドにも

塗装で表現を加えていきました。


パーツの設計上ある程度仕方がないと思いつつ気になるのはスキッドビームの合わせ部分。

第二煙突の基部にも角型のダボ穴があります。

まず、これをどうするか考えました。


もともとピットロードのキット用にリリースされているファイブスターのEPセットを

ディテールアップの主材料とするべく進めていったのですが。。。。

当然ベースキットが違うために微妙にフィッティングに問題が起こりました。


akatsuki324.jpg


こういった部分ですね(;^_^A


艦橋の窓枠やその他諸々、、、、兵装についてはある程度調整ができるので

前回までの記事はその部分を先に掲載していたわけですが、

実はこういった部分が随所に出てきたために頭を抱えていたわけです。。。。。



ちなみにこちらはタミヤの往年のWLシリーズキットを徹底改修して製作した『響1943』です。
(ブログ、HPには未掲載)

hibiki013-vert.jpg
hibiki101-tile.jpg


最新のヤマシタホビーのキットは十分に検証されて設計された素晴らしいキットです。


なのでその全体のシルエットとディテールに合わせてバランスをとることを考えると

現在入手できるEPセットでも十分なものは存在してないので汎用品を基本に進めていく必要があります。



逆説的ですが、最新の好キットゆえの問題点に直面したわけです。

当ブログではⅠ型の『磯波』を掲載していますが、このⅢ型についても掲載前にほぼほぼ組み上げるまで

進めたものがあるのですが、やり直ししすぎてとてもお渡しできるレベルでなくなってしまいました。。。


という事で準備しなおして改めて取りかかりなおしています。

リノリウム部分まで進めたものの、これもやり直しという結果になってます(;^_^A


ハイディテールモデルゆえの悪戦苦闘。。。(´;ω;`)ウゥゥ


ではでは。。
スポンサーサイト
プロフィール

ガク@工場長

Author:ガク@工場長
1/700の洋上模型をメインに350やLEDを仕込んで製作しています。
依頼製作も承っています。お気軽にご相談ください。

カウンター
リンク
作品リスト
コメント
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログランキング
ブログランキング参加しました!クリックお願いします^^
艦船ブログランキング
艦船ブログランキング参加しました。クリックお願いいたします!
メール
お問い合わせなどメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。