FC2ブログ

検証と表現の試行錯誤の連続②(『暁1940』製作その9)

前回から引き続き。。。


ヤマシタホビー版特Ⅲ型の製作記事になります。


船体塗装前の状態の各部のディテール製作の様子です。


2番3番魚雷発射管の間にある予備操舵所の表現です。



akatsuki347.jpg



三段ほどステップを取り付け、中に操舵機の表現をしています。

使っているのはレインボーモデルの汎用パーツです。


あとは両脇の給気口のパーツも開口処理などなど。。。




akatsuki348.jpg



第二砲塔基部付近


マストの信号表示灯は支持部分だけ金属線とメタルラインで組み上げ。


『暁』に合わせてダクトや給気塔など配置しなおしています。



akatsuki350.jpg


続いて艦橋付近(後ろから)


それと艦首付近の表現など


第一砲塔付近のリノリウム部分はキットだと錨甲板まで来ていますが、


周囲は貼られていなかったのでリノリウム押さえのモールドを削って

マスキングで区切っています。


一番魚雷発射管付近のモールドも一部違うので変えています。


akatsuki351.jpg



akatsuki352.jpg



最後に第二煙突後部の機銃座付近には


魚雷調整器が設置されてたのでプラ材などで


表現を加えています。


だいたいこのくらいで各部の説明になります。



いかがだったでしょうか・・・・?(;^_^A


ヤマシタホビー版特型駆逐艦シリーズ


個人的に今現在でほぼ決定版と言っていいくらい


秀逸なキットだと思っています。


故に(?)そのディテール製作や同型艦の差異といった部分で


「どうやるか?」が実は全然見えてこないキットでもありました。


ですが、手が止まることよりもまず


”形にしてみる”


そう考えて進めていきました。


次回は塗装作業後の粗艤装の段階を掲載します。


ヤマシタホビー版「特Ⅲ型駆逐艦」を手掛けている方


また、作ろうと思っている方に少しでも参考になれば幸いですm(__)m


ここまでご覧いただきありがとうございますm(__)m



ではでは(^^)/
スポンサーサイト



プロフィール

ガク@工場長

Author:ガク@工場長
艦船模型を製作しています。
製作依頼は下のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。

カウンター
リンク
作品リスト
コメント
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログランキング
ブログランキング参加しました!クリックお願いします^^
艦船ブログランキング
艦船ブログランキング参加しました。クリックお願いいたします!
メール
お問い合わせなどメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文: