FC2ブログ

フジミ版キット翔鶴(『翔鶴1943』製作その1)

今日は新しいテーマの製作記事になります。


フジミキットベース航空母艦『翔鶴』です。


製作年次は昭和18年、艦橋トップに空母として初めて21号電探を装備し


それまでの戦訓を取り入れて改修された姿を製作していきます。




shokaku3303.jpg


僕はまず主に使うキットパーツやアフターパーツを


写真のようにトレイにまとめて入れてしまいます。


それぞれの外装材(箱など)はスペースの都合上先に処分しています。


もちろん箱絵はカットしてコレクションしています^^


何故かというと?


”絶対仕上げきる!”


これに尽きます。


当然、完成の段階でトレイの中は空っぽになるわけで


それが個人的に「気持ちよい」と感じることが主な理由です(;^_^A


今回主だったパーツ類はトレイの中にある


キット純正PEパーツとファインモールドの『翔鶴型』用セット


それと他に


FlightdeckEp2.jpg


shokaku3304.jpg


AAGuns.jpg


フジミキット用FH飛行甲板PEパーツ


艦載機は最近リリースされたカジカの艦載機セット


高角砲は海魂を用意しました。


(ファインモールドも申し分ないですが個人的に決定版です^^)



まず最初は船体の下処理


shokaku3301.jpg


shokaku3302.jpg



組上げていきながら反りやねじれなど狂いがないか?


何度も確認しながらケース固定用のナットを取り付け


喫水線である船底板の水平出しを丁寧にしていきます。



shokaku3306.jpg



今回は先にアクリメイト製ステージ型オーダーケースでの


収まりになるため、この段階で固定ビスの位置をだしておき、


仮固定で締め付けたときに変に力がかかって曲がらないか?


を丁寧にチェックしておきます。


かつてWLシリーズタミヤ版翔鶴の記事を掲載していましたが


あまりに難キットの為、

(旧フジミキットはそれをさらにはるかに凌駕するほどの超絶難キットですが(笑))


現在ではほとんど採用する人も無いでしょうからあまり参考にならないですよね。。。



ということフジミ特シリーズでの製作記事をスタートしていこうと思います。



ここまでご覧いただきありがとうございますm(__)m


ではでは(^^)/
スポンサーサイト



プロフィール

ガク@工場長

Author:ガク@工場長
艦船模型を製作しています。
製作依頼は下のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。

カウンター
リンク
作品リスト
コメント
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログランキング
ブログランキング参加しました!クリックお願いします^^
艦船ブログランキング
艦船ブログランキング参加しました。クリックお願いいたします!
メール
お問い合わせなどメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文: