FC2ブログ

塗装作業(飛行甲板)(『翔鶴1943』製作その12)

引き続きフジミ版翔鶴です。


いよいよ塗装の作業に入っていきます(^^)/


今日の記事は飛行甲板からです。



表側のベース塗装まで済ませたところからになります。


裏側の補強構造などは組立説明書の通り組み上げていきます。






ポイントというか。。。。。


組み上げの際にキッチリ合わせてそのままパーツを・・・・


という風に意識しすぎると実はかなりの確率で失敗します(笑)


というのもそもそもパーツの精度にばらつきがあることが多いからです。


例えばトラスパーツだけを組み上げて、カチッと組めたとしても


いざ甲板に組みあがったものをくっつけようとすると微妙にずれます。


なので、横桁(縦桁)のどちらかをキチンと組み上げ、


もう片方はパーツを仮合わせをしながら調整して接着します。


結果として綺麗に整うようにすれば問題ありません。(;^_^A


むしろ接着剤をつけすぎたり、合わせが甘くて隙間が空いたり、

その点に注意しています。


メタルプライマーを吹き付けて、船体色を塗装していきます。



shokaku3376.jpg



他のメインとなる船体色よりわずかに暗くした色を


使っています。


理由としてはスミイレをしないで済ませるためです。


スミイレで暗くなりすぎるのを防ぐためでもあります^^


続いて表面の仕上げにかかります。



shokaku3379.jpg


shokaku3381.jpg



艦首側の信号灯周りや


艦尾側の兵員待機所などを組み付けて


飛行甲板としての組立作業を完了します。


続いて木甲板塗装です。




shokaku3454.jpg


多色塗り分けをしていますが、


スミイレ前の状態はわかりにくいかもしれませんが


こんな感じです。


作業自体は、塗り分け塗装7色にオーバーコート2色


最後に行うスミイレ分を考量してやや明るめにしています。


手間の割にあっさりとした見た目になりますが、


より自然な感じになるように気をつけています。


遠目には”ん一色?”という雰囲気で、


グッと寄ると”あ、いろんな色がある”という感じでしょうか(;^_^A


木甲板部分の仕上がりを確認してから


マスキングして船体色を吹き付け


白線を入れて、もろもろマーキングの作業を進めます^^


shokaku3456.jpg


shokaku3458.jpg


shokaku3459.jpg


shokaku3460.jpg


shokaku3461.jpg



飛行甲板の塗装作業が終わったところまで(^^)/


何度もマスキング作業が続きますが、


下地処理を丁寧に、かつ素早く最初にしておくことで


この作業で塗膜の破損はほとんど起こりません。


あと、個人的にちょっとこだわっていることは


「白線」をやや細めに仕上げるところです。


資料写真などでピンポイントの再現を狙う時は


こればかりではないのですが。。。


太くするときは逆にごく薄く、かつわざとムラを付けたりしています。


目線が白線やマークに行ってしまうので


仕上がった時になんとなく


キッチリ濃く塗ることで”浮いてしまう”ことを避けるためでもあります(^^ゞ


つづいて船体の塗装へと移っていきます。


ここまでご覧いただきありがとうございますm(__)m


ではでは(^^)/


ブログランキング応援ありがとうございます!
引き続き何卒よろしくお願いいたします。(^^)/

よかったらツイッターのフォローもどうぞ
twiiter:@Gaku_Oiso



模型・プラモデル ブログランキングへ

商標レリーフ2-2-120
製作依頼のお問い合わせはこちらへどうぞ。
スポンサーサイト



プロフィール

ガク@工場長

Author:ガク@工場長
艦船模型を製作しています。
製作依頼は下のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。

カウンター
リンク
作品リスト
コメント
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログランキング
ブログランキング参加しました!クリックお願いします^^
艦船ブログランキング
艦船ブログランキング参加しました。クリックお願いいたします!
メール
お問い合わせなどメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文: