キット比較2(利根型)

前回からまた更新に間が開いてしまいました--;

利根型キットメーカー比較のアオシマ編『筑摩1944』です。




艦首部分はこんな仕上がりです、ピンボケですけど・・・

アンカーホース部分はドリル開口してちゃんと鎖とつないでいます^^
キャプスタンは最近はレジンパーツじゃなくちゃんと巻き付けて天板部分を
エッジングパーツを使っています。ポラードは海魂のパーツを採用してみました。

艦橋部分です。

chikuma005.jpg
chikuma006.jpg
chikuma004.jpg

防空指揮所(艦橋天蓋)のパーツはアオシマのWLシリーズの場合は
『利根』→遮風装置付の防空指揮所ありの設定で測距器後部に方位探知機用アンテナの架台あり
『筑摩』→開戦時(就役時)設定で天蓋のみ、方位探知機用架台はなし

とひとつのランナーの切り分けでキットに区別をつけています。マストなども
一緒に組み合わせてうまく違いを出しています。^^

今回は1944レイテ(最終時)ですので、『利根』のキットからこのパーツだけコンバートしました。
遮風装置はエッジングセットのものを使う予定でしたが、フジミ用にアレンジしていますので"合い"が
今ひとつ・・・なのでスクラッチしました。^^

それと・・・
細かくなりますけど、艦橋前部の機銃台下部に兵員待機所が増設されています。
コレはタイミングで有り無し議論が分かれるところなんですが・・・『利根』は無し
『筑摩』は表現に加えました。また、両側の増設された兵員待機所の表現が無いので
これはプラ材で加工しておきました。(フジミのキットはコレは反映されています)

ざっとこんな感じでしょうかね^^;

個人的にはフジミはキットモールドのチョイスと調整に手間が必要だが追加工作の必要が少なく
アオシマは素地としてのキットパーツで追加工作し放題、そんな印象でしょうか。

次回は煙突部分の予定です^^
大体の製作がすんだところで並べて写真も撮っていますのでお楽しみに~

年末に向けて忙しくなっていまして、なかなか更新も滞っていますが、
前に撮り貯めたネタでしばらく行きます・・・(汗)
『筑摩1944』は完成しましたら、オークションへ出品予定です。

『利根』を先に完成させる予定ですので出来次第
また、アップしますね~

ではでは
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ガク@工場長

Author:ガク@工場長
1/700の洋上模型をメインに350やLEDを仕込んで製作しています。
依頼製作も承っています。お気軽にご相談ください。

カウンター
リンク
作品リスト
コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログランキング
ブログランキング参加しました!クリックお願いします^^
艦船ブログランキング
艦船ブログランキング参加しました。クリックお願いいたします!
メール
お問い合わせなどメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文: