ティルピッツパーツ比較②

『ティルピッツ1944』引き続きの記事です。

・・・というのも・・・・?(いいわけですけど順を追って撮影していますがさかのぼって記事にしています)

依頼者様から新たな資料に加えて、最新キットであるドイツレベルの『ティルピッツ』のキットも送っていただきました。
というわけで、検証比較をしておかないと^^;

・・・で



tirpiz020.jpg

tirpiz021.jpg

一番右がレベルの煙突パーツです。

前回の記事のタイミングではもろもろ修正しつつアオシマベースと考えていたんですが・・・
これは一目瞭然!!さすが自国の艦船というプライドもあるのでしょうか、キットパーツとしてはほぼ完ぺき!!

・・・世界のドイツレベル恐るべし・・・です。^^;

というわけで、ドイツレベルのキットはフルハルキットなのですがもしや船体は?と当然考えたわけです。


tirpiz015.jpg

全長は当然問題なし(写真の撮り方の関係でちょっとアングルが変ですが・・・)
全幅はややアオシマのほうが広いです。(1.3ミリ)
モールドに関しては圧倒的にレベルのほうが素晴らしいです。製作上はホーサーリールなどすべて削ってしまうのでこの差はあまり生きてきませんが、普通に製作する場合はレベルです。迷いなく^^

tirpiz016.jpg

次に部分部分を見ていきます。まずは艦尾部分。
これは両社ほぼ完ぺき^^比較のために喫水線をマーキングしています。

tirpiz017.jpg

続いて艦首部分。
こちらも両社ほぼ完ぺき^^
素晴らしいですね、アオシマ。本家に負けていません^^がレベルも素晴らしい・・・

tirpiz018.jpg

引き続き問題のサイドカーブ。
…悩ましい・・・(@@)
なんというかいわゆるほんとに”味付け”の差しかありません。しいて言うならアオシマのほうが全幅を若干大きくとっている関係上フレアが強めに感じますがほとんど一緒です。
アオシマの船体は基本処理後ということで実際にはサイドカーブをヤスって調整した後ですからキットとしてはレベルに軍配が上がることになるのでしょうか。

・・・・がしかしつぶさに見ていて一番の違いは

tirpiz019.jpg

これです・・・・

主砲塔の基部の高さがまるで違います。

匠先生の作例が乗っている雑誌記事で前から気にはなっていた構造物の腰高感。
艦橋から最上甲板に至るまでパーツを測ってみたのですがアオシマのほうがやや低め、とはいえほぼ同じでした。
写真のアングルもあるのかもしれませんが船体に比較して構造物全体が大きいのか理由は今一つなんですが
実艦の写真と同じアングルなのに感じる腰高感というかトップヘビーな印象はおそらくここなんだろうと思います。

主砲や副砲などの兵装関係もこの後すべて比較してみました。
こうなってくると図面資料とのにらめっこでどちらが正確なのか検証に時間を費やしています。

ディテールアップが前提なので素性の良いほうがいいに決まっていますがこの辺を取り間違えると
逆にバランスがおかしくなっていくのでいったんすべてバラバラに素組してから基本となるアオシマの船体にアセンブリしていくことにしました。

ただ、レベルの船体も非常に素性が良いのでフルハルを洋上モデルにカット加工して基本処理までやりきることも考えています。それでそれぞれに構造物、兵装などシルエットのかなめになる部分を比較して最終的に決定したいと思います。

なかなかこれはやりがい含めて武者震いがしてきましたね^^;

というわけで『ティルピッツ』については次回以降も引き続き各所すべてを検証していきます。

最近は模型詩も紙面の都合上こういった比較をあまりやらなくなりましたし、モデラーの雑感程度に収めてしまう傾向でもありますからブログならではのちょっと”濃いめ”の記事にしていきたいと思います。

ではでは(@^^)/~~~

次回はまた違うテーマの続きにする予定です。
順番に行きます^^;

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ガク@工場長

Author:ガク@工場長
1/700の洋上模型をメインに350やLEDを仕込んで製作しています。
依頼製作も承っています。お気軽にご相談ください。

カウンター
リンク
作品リスト
コメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログランキング
ブログランキング参加しました!クリックお願いします^^
艦船ブログランキング
艦船ブログランキング参加しました。クリックお願いいたします!
メール
お問い合わせなどメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文: