『ティルピッツ』パーツ比較4(艦橋)

『ティルピッツ』パーツ比較引き続きです。

今回は艦橋部分ですね^^
アオシマ、ピットロード(トランぺッター)とドイツレベルの三つです。
すべて仮組しかしていないのでトップ部分が傾いて写っているのもありますが・・・^^;



pit-3.jpg

rebel-3.jpg

それぞれビスマルクとパーツセットは共通なのでティルピッツにするには若干の改修が必要ですが
圧倒的にレベルのキットモールドが優っているのがわかると思います。

艦橋はレベルのパーツをベースに製作していきます。
ピットロードやアオシマのものももちろん素性はよいので作りこみ次第では十分だと思います。
感心だったのは煙突に見られたような寸法違いなどは艦橋ではありませんでしたね^^

今週あのレイテに沈んだ戦艦「武蔵」発見のニュースはご存知の方も多いと思います。
今日になって他の映像も公開されそれこそ鳥肌ものでしたね~
水深千メーター以上の深海にひっそりと眠りについている「武蔵」と、ともに戦没された大勢の方々には
ただただご冥福を祈るばかりです。
でも、その存在は決して忘れてはいけんませんし、こうして再び姿を見せてくれたことにただただ感謝の気持ちです。
8年の歳月を費やして調査していた方たちの努力と根気にも頭が下がりますね^^;

これから調査、研究が活発になってくることを期待しつつも、その深い眠りを妨げることがない様に
願うばかりです。

『せっかくですから、そっと覗かせてください』そんな思いでしょうか^^;

他にすでに発見されている旧海軍艦艇の中でも『羽黒』や『霧島』など盗掘者の被害にあっていて
あらされていると聞きます。なんともやるせない気持ちです。
たとえ戦争であったとしても英霊たちの眠る墓標なのですから、せめてそっとしておいてくれたらと
思うのは私だけではないと思います。

戦後70年の節目の年に、やっとその姿を再び見せてくれた「武蔵」
『大和』ですら40年の歳月がかかって存在を確認できたほどです。
どれだけの思いとともに海底に沈んだのか、その深さ大きさに比例するかのごとく
長い沈黙をもって今一度日本人に語り掛けているような気がします。

そんな気持ちで今後を見守りたいですね^^

さて、次回も引き続き製作記事の予定です。
ではでは(^^)/

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ど~も 北鎮です
武蔵のコメントわたくしも共感いたします
英霊方々はここでひっそりとさせてあげましょう、ただ映像に収められて世界に公開される程度でしたら、英霊様方々悪い気はしないと思います、いや逆に「俺たちは武蔵の戦士だ!」と胸をはって叫んでそうな気がします。
全容を世界に見せてあげるのが供養かもしれませんね・・

たしか大和の時、若干引き揚げ品がありました、後世に戦争の悲惨さを伝える為に武蔵からの引き揚げも許されるかもしれませんネ。

レスが遅くなりまして失礼いたしました^^;

>北鎮さん

武蔵、調査が続いていて少しずつその姿を見せてくれているのは感動ですね^^

どんどん解明が進んでくれると期待しています。
艦船模型もまた盛り上がってくるとうれしいです^^
プロフィール

ガク@工場長

Author:ガク@工場長
1/700の洋上模型をメインに350やLEDを仕込んで製作しています。
依頼製作も承っています。お気軽にご相談ください。

カウンター
リンク
作品リスト
コメント
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログランキング
ブログランキング参加しました!クリックお願いします^^
艦船ブログランキング
艦船ブログランキング参加しました。クリックお願いいたします!
メール
お問い合わせなどメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文: