船体処理の続き

おはようございます~^^

風邪のほうはようやく少し咳が残るくらいでだいぶ回復しました(@@;)

実は何年ぶりかの風邪ですっかりまいってしまいました・・・
季節は春を飛び越して一気に初夏の陽気です。今年は梅雨もどんな感じか不安でもありますね~

さて、『熊野』1944船体処理の続きです。
基本処理の後半ですね^^



溶きパテを十分乾燥させて喫水線の水平だしを確認できたところで削り出しと溶接痕の表現に甲板上の不要なモールドを削り取っていきます。

kumano205.jpg
kumano206.jpg

艦首、艦尾部分です。
パーツの合わせ目にできる段差に溶きパテが入り、うっすらスジのように出ているのがわかると思います。
船底板のバルジを削らない様にマスキングしてペーパーがけをします。艦首のシャープなラインはうまくできたと思いますね^^

kumano207.jpg

中央部の最上甲板のパーツはダボ穴を埋めておきます・・・・

プラ棒などを使うよりも自分はキットパーツのランナーを少し伸ばしてニードル状にして差し込むやり方です^^
グッと差し込んで流し込みセメントを使うと気持ちいいくらいきれいに埋まってくれます。塗装して見えなくなるんですけどなんだか傷を修復するような感じで好きなんですよね~^^

変なこだわりです^^;

魚雷発射管付近のパーツの取り付けと塗装を先に済ませておいて、接着してわずかにできてしまう隙間はまた溶きパテを流し込みます。その前に甲板上の不要なモールドはリノリウム抑えのモールドも含めて削り取ってしまっておきます。

kumano209.jpg

これでまたしばらくパテの乾燥を待ちます。。。。

溶きパテの特性上、自分は少し薄めて使うので何度か塗り重ねては乾かすというちょっと手間がかかる方法をとってしまっていますけど、経験上これが一番遠回りなようできれいに仕上がるのでこうしています。

この間に少しずつ小物類など製作できるパーツを作業していきます。

今日はこの辺で~

ではでは^^
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ガク@工場長

Author:ガク@工場長
1/700の洋上模型をメインに350やLEDを仕込んで製作しています。
依頼製作も承っています。お気軽にご相談ください。

カウンター
リンク
作品リスト
コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログランキング
ブログランキング参加しました!クリックお願いします^^
艦船ブログランキング
艦船ブログランキング参加しました。クリックお願いいたします!
メール
お問い合わせなどメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文: