『最上1944』構造物製作

関東は久しぶりの日差しが感じられる晴れでなんとも気持ちいいですね^^

しかし・・・台風のジェットストリームアタックが本州に迫ってきそうで怖い気もしますが
通り過ぎたころに梅雨明けしてくれるんじゃないかといい加減に予想しています。(^^;)

さて、『最上』です。先に飛行機作業甲板の状態ですね。




これは残されている写真でもわかりますが滑り止めになっていたのは3本ある軌条の中二列ぶぶんで両サイドと後部は滑り止め鋼板にはなっていません。
モールドを不要な部分だけ削り落として鋼板継ぎ目を控えめに表現しています。それと艦尾後端にも最終時には3連装機銃が装備されていたので機銃座を作りつけました。航空巡洋艦に改装されたときにすでに装備された中央部分の銃座が果たして丸だったのか角ばっていたのかは考証の余地があると思いますが、今回はキットパーツベースで丸のままエッジングのブルワークを取り付けています。
mogami206.jpg

mogami209.jpg

こんな感じになりました。^^
単装機銃の配置に関しては資料で確認しましたが左右で中央の3連装機銃がオフセットして配置されたことに合わせて配置の数は両側とも同じなのですがこれも左右非対称になっています。

甲板の昇降タラップも後ろの一か所は開口して開いた状態にしてみました。

mogami208.jpg

艦橋や煙突などの中央部分の構造物です。今回は艦橋に双眼望遠鏡を取り付けてガラス表現をする予定で製作していましたので天蓋部分は別にしています。
 『熊野』の製作にあたり、前マストの電探装備状況や電探室、艦橋も遮風柵のスクラッチにサイズ感を確認したかったのでプラペーパーで作りつけながらバランスを見ました。『熊野』とは艦橋も各デッキの形状が若干違っているのでマストとの取り合いなど含めて電探のサイズバランスも見たくてこちらで検証しながら同時製作していました。

mogami210.jpg

前方向からのアングルです。前面の射撃指揮所は正面から見てやや左にオフセットしています。また大型化した機銃座の下に兵員待機所も増設されたので写真では全く見えない・・・ですが作りこみました。

ここまできていよいよ塗装作業にかかりますが・・・その前に

次回は小物製作の記事の予定です^^

ではでは(^^)/



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして

ギャラリーと記事拝見しました。完成度の高さに目を見張っております。
私もモデラーのはしくれなので、考証、モデリング共に大変参考になります。
それと製作スピードに大変驚きました。
これからも覗きにきますのでよろしくお願いしますね。

追伸:ギャラリーの「飛龍」のリンク先が「飛鷹」になっちゃってます...

Re: 初めまして

ムッシュさん

ご覧いただきありがとうございます。
HPのギャラリーの『飛龍』のリンク、壊れてしまっていました(汗)
失礼いたしました、ご指摘誠にありがとうございます。

参考にしていただいているようで恐縮です。
今後もよろしくお願いいたします。

くだんの『飛龍』ですが、作例が古くあまり参考にならないかもしれません。
予定は未定ですが、再製作しますのでその時に改めて掲載する予定です。(^^;)

ではでは
プロフィール

ガク@工場長

Author:ガク@工場長
1/700の洋上模型をメインに350やLEDを仕込んで製作しています。
依頼製作も承っています。お気軽にご相談ください。

カウンター
リンク
作品リスト
コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログランキング
ブログランキング参加しました!クリックお願いします^^
艦船ブログランキング
艦船ブログランキング参加しました。クリックお願いいたします!
メール
お問い合わせなどメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文: