『翔鶴』製作その3(船体編)

秋の連休ですが、今年のような大型連休になるのは今度は10年後だそうで・・・

敬老の日といわれても9月15日に慣れ親しんだ昭和世代にはなんとなく違和感も^^;

さて、『翔鶴』製作ですが船体編引き続き・・・

裏側の補強構造を製作しています。空母ならではの見せどころでもありますね^^



shokaku238.jpg

全体はこんな感じです。

各部を拡大してみると

shokaku236.jpg

左舷の前半部分です。艦橋トップにあった94式高射装置が左舷に移設されていますので、その基部部分をプラ材で製作しています。支柱関係も船体との接合部分の高さに注意して傾斜をそろえていきました。

shokaku239.jpg

右舷の後部・・・

ちょっと写真では遠いんですが、機銃座の一番後ろの下部は囲い込むように壁が支柱を巻いているので注意が必要です。高角砲の下の補強構造も内側にパンチングメタルを巻いています。

shokaku240.jpg

右舷の前部・・・

艦橋近くの高射装置の台座補強部分も三角板のほかにU字型にビームが入っているので再現しています。
この辺はちょっとしたアクセントになるので再現すると面白いと思います。

舷外電路なども含めて船体部分の裏側の製作は大まかに完了です^^

次はようやく表にひっくり返しての製作が続きます。

ではでは(^^)/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ガク@工場長

Author:ガク@工場長
1/700の洋上模型をメインに350やLEDを仕込んで製作しています。
依頼製作も承っています。お気軽にご相談ください。

カウンター
リンク
作品リスト
コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログランキング
ブログランキング参加しました!クリックお願いします^^
艦船ブログランキング
艦船ブログランキング参加しました。クリックお願いいたします!
メール
お問い合わせなどメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文: