『翔鶴』製作その5(飛行甲板編)

またまた台風の影響か四国は高知県と徳島県に豪雨が降っているようで・・・

なんとなくですが、今年は台風の影響が長いうえに大雨という傾向が強いみたいですね(--;)
北関東では大変な洪水も起きましたし、日頃から気を付けましょう・・・

さて、『翔鶴』製作は飛行甲板です。



フライホークのエッジング甲板になります。

・・・これがタミヤ用だったので、ベースキットもタミヤとなったわけですが・・・^^;

修正も含めて、徹底的にゼロベース製作になった分、エッジングの飛行甲板とのバランスも
しっくりくる(はず)と思います^^;

最初の写真と作業的には前後するのですのが・・・

こういったエッジングの大きなパーツの場合にはちょっとした注意が必要です。
エアブラシで塗装した後にマスキングなどの粘着テープをはりつけてはがした時に塗装まで持っていかれる経験をされた方もいらっしゃると思いますが^^;

最初のちょっとしたひと手間で、ほぼそんな心配をしなくて済みますのでご参考までに^^


shokaku205.jpg

まず、瞬間接着剤で組み付ける都合上、どうしても衝撃に弱くなる特性があります。
作品を送る段になって搬送中に甲板ごと外れて大破!(@@)なんてことにならないように、まず、貼り合わせる二枚のパーツを200から400番くらいのペーパーでヤスっておきます。
 この時一方向ではなくてランダムに雑にすることでより接着を強くします。注意点はやすった後にしっかりと歯ブラシなどを使って十分に水洗いをしてください。触っただけではわかりにくいのですが、削りかすが残っているとせっかく下ごしらえしたはずがほとんど意味がなくなってしまいます。

塗装する表側は1000番以上の細かいもので優しく磨くようにヤスっておきます。

shokaku206.jpg

わざと光るように写真を撮りましたが、ヤスリの感じが違って見えると思います。

水洗いのついでに手のひらも石鹸でしっかり洗って作業中に皮脂が付かないようにちょっと気を付けましょう。

それで、貼り合わせていきます。

位置決めをしたら端のほうをズレないように小さくマスキングテープなどで固定してから、流し込み出来るようなさらさらタイプの瞬間接着剤を中央から流し込んで貼り合わせます。

そのあと、そのままメタルプライマーを薄めたものをエアブラシで吹き付けていきます。
かなり薄めた感じのものを最初は多めに噴き出してパーツのモールドにしみこむようにつきつけた後、薄くまんべんなく吹き付けます。もともとの金属の色が少しずつ明るく、白身を帯びてくるくらいで完了です。

以上までで最初の写真の状態です。^^

shokaku220.jpg

組立説明書に従って、裏側の補強構造を組み付けていきます。
今回のフライホークのパーツセットは特に説明にもパーツの内容にも問題なく組み上げできました。^^;

shokaku223.jpg

最後に裏側は後で塗装がうまくできなくなるので、船体色を吹き付けておきます。

私はついでに残りのパーツも塗装してしまいます^^

 レジンキットなどもそうなのですが、個人的にはいわゆるサーフェイサーがあまり好きじゃないのでメタルプライマーをよく使います。塗れたかどうか見づらい、という欠点もあるのですが繊細なモールドをほとんどつぶすことなく仕上げることができるので便利ですね^^

 以前はわかりやすくなるように少し塗料を混ぜてみたりしたのですが、保管している間に塗料成分が凝固してしまったりするのであまりお勧めしません。それからプライマーで膜を作ってしまうとかえって接着が弱くなる、といった心配もあるようですが、できるだけ薄く仕上がるように気を付ければしっかりと食いついてくれるようです。

次回は引き続き飛行甲板の製作の予定です^^

ではでは(^^)/




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ガク@工場長

Author:ガク@工場長
1/700の洋上模型をメインに350やLEDを仕込んで製作しています。
依頼製作も承っています。お気軽にご相談ください。

カウンター
リンク
作品リスト
コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログランキング
ブログランキング参加しました!クリックお願いします^^
艦船ブログランキング
艦船ブログランキング参加しました。クリックお願いいたします!
メール
お問い合わせなどメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文: