小物といえども陰の主役(@@)(『翔鶴』製作その8)

急に涼しいのを通り越して肌寒く感じる関東でしたが。。。

風邪ひきさんが増えてきていますね(--)皆様気を付けましょう~

さて、『翔鶴』の製作は小物類に入ります^^




艦載艇です。小物といえど、またそして見えなくなってしまうかもしれないですけど陰の主役ですねー^^;

レインボーの内火艇、内火ランチのパーツの他にナノドレッドの9mカッター。7.5m内火ランチと13m運貨艇、6m通船はフジミのキットから持ってきました。カッター以外はすべて艦尾の甲板に取り付けます^^

shokaku259.jpg

今回は第一航空戦隊の司令座乗という設定で長官艇を搭載しています。

 次はもう一つの主役、艦載機たちです^^
零戦、99艦爆、97艦攻それぞれ12機ずつの内容です。1943年時の設定ですが、このころは艦隊戦はなく南方にて航空戦が幾たびも行われました。第一航空戦隊も艦載機の出撃が続きましたが、結局は消耗戦に終始してしまいました。ミッドウェー海戦以降あたら優秀な熟練パイロットの多くと艦載機を失ってしまい、実質的な機動戦力を維持できない状態に陥りました・・・(><)

 話がそれましたが・・・・^^;

shokaku264.jpg

零式21型艦上戦闘機!塗装は全面明灰白色に味方識別帯の黄帯が入ったちょっと珍しいタイミングの状態です。
意外に?カッコイイですよね~^^

 またまた話が脱線してしまいますが・・・ちょっと前に見たかわぐちかいじ氏原作の『ジパング』のアニメを思い出しました。これはコミックの原作なのですがアニメ製作にあたり再度海上自衛隊の歴史考証と監修を受けており、ストーリーもちょうどミッドウェー海戦以降のタイミングなのでもちろんゼロ戦も出てきます。トラック泊地の艦艇、及び基地航空隊の航空機は戦訓前にすでに味方識別帯を採用し始めており、その辺も反映されて製作されているので興味深いです。^^

shokaku265.jpg

 つづいて97艦攻です。今回も空中線を張って仕上げました。

shokaku266.jpg

 最後に99艦爆。

 この時期の99艦爆は上面は濃緑色塗装になっていましたのでそのように仕上げました。手元の資料で『瑞鶴』機なのですが日の丸は白フチ無しとなっていましたのでこの仕上がりです。写真では見えづらいですが、特徴的な固定車輪の赤線も入っています。

shokaku267.jpg

shokaku268.jpg

 最後の写真は発動機試験場につけようと思って製作したレインボーのアクセサリパーツです。これは意外によくできていて結構雰囲気が出るので取り付けられるときは好きでつけています^^

 ちゃんとプロペラも二種類の大きさがあってゼロ戦用と97艦攻のサイズになっています。この辺もなかなかニクイです。^^
塗装後の単体写真は撮り忘れたので、完成写真のほうで・・・・・。

 艦載機はライオンロアのパーツセットを使用しています。

 さて、次回はちょっと間に小ネタを挟んでいこうと思っています。

ではでは(^^)/

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ガク@工場長

Author:ガク@工場長
1/700の洋上模型をメインに350やLEDを仕込んで製作しています。
依頼製作も承っています。お気軽にご相談ください。

カウンター
リンク
作品リスト
コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログランキング
ブログランキング参加しました!クリックお願いします^^
艦船ブログランキング
艦船ブログランキング参加しました。クリックお願いいたします!
メール
お問い合わせなどメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文: