『瑞鳳』1944竣工です^^

今年は暖冬という話ですが、関東では日中は穏やかに晴れてなかなかポカポカしています^^

朝夕の冷え込みもまだ先だとうれしいようなはたまた異常気象の前触れじゃないかと心配になってみたり・・・

『瑞鳳』製作ですが、飛行甲板の組み付けも終わりいよいよ艤装の最終作業と仕上げ作業です!

今回もサビや汚し具合は控えめな美しい印象の仕上がりということで(最近思うんですが、割ときれい目なほうが好きな方が多いような気がします^^)あまりタフな感じにはなっていません。逆プラモデルチックにならない様に重量感を出しつつきれい目というのは案外難しかったりします^^;




今回からいわゆるメーカーの塗料をそのまま使うのではなく、個人的にですがいろいろと調色しながらスケールエフェクトも考えつつ落ち着いた雰囲気の外舷1号2号を作りました。なかなかいい感じなんじゃないかと自画自賛しています(@@)

zuiho233.jpg

このアングルは、そうです有名な米軍偵察機撮影の最終時とされているアングルっぽく撮ってみています。
実物はもちろん大きいので広角レンズでかなり近づいて撮った感じですから、迫力は全く違いますけど・・・
伝わるとうれしいですね^^

zuiho234.jpg

艦載機も取り付けて完成写真です^^

zuiho236.jpg

zuiho101.jpg

今回信号旗については『4航戦』の表記にしています。写真は旭日旗しか映っていないんですが、うるさくない程度に加えました。
艦載機は零戦52型8機に爆装ゼロ戦4機、天山艦攻4機です。634空、653空の所属になるので今回は653空での機体番号もいれました。

いずれHPのギャラリーにも掲載する予定です。

『瑞鳳』1944竣工です!大変長らくお待たせいたしました~^^;

今回はP&Iのレジンキットとジョーワールドのエッジング甲板というマニアックな構成で製作しました。今はフジミの新キットもありますので、かなり昔の雑誌などで掲載された例があるくらいでかなりレアな作品になりました。現在の目では飛行甲板などエッジング甲板にしてはあっさりしたモールドのパーツですが、十分に雰囲気は出ていますし薄いまま使えるので横からのアングルは実艦にかなり近い印象でした。レジンの船体も艦尾部分に若干の難があるとはいえカーブラインは秀逸で、なんとも味のある雰囲気というか個人的には素晴らしいキットでした^^

最近の3DCAD設計のキットの傾向として、個人的に思うのはこの時代の艦船の特徴でもある船体の流麗なカーブラインがどうにも平面的な印象になってしまうと感じています。金型製作の問題もあるのでしょうし、開発になるべく手間をかけたくないメーカー側の都合もあるのでしょうが一番の部分は経験豊富は原型師さんが減ったことにあるように思います。

プラモデルの中でも製作に時間のかかる艦船模型ですから購入層も限られてくるためになるべく作りやすく、とっつきやすくするメーカーの努力は涙ぐましいものがあります。ディテール重視派も満足できて、かつパーツ数も抑えて作りやすくするという相反するテーマに常に腐心しておられる姿勢は頭が下がりますね^^

 ですので、温故知新ではないんですが、昔の良いキットを今一度見直して、メーカーとしての特色を一番出せる程よい省略と全体の味付けにもう少し気にかけてくださるといい落としどころにたどり着けるような気がします。

ちょっと口幅ったいことを長々失礼いたしました^^;

ご覧いただき誠にありがとうございます!

さて、次回は違うテーマの掲載予定です。『あれはどうなってんの?』のもう一つですね^^;

すみません、お待たせして・・・(T T)

ニコイチからサンコイチになっている、あれ、です^^;

ではでは(^^)/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ガク@工場長

Author:ガク@工場長
1/700の洋上模型をメインに350やLEDを仕込んで製作しています。
依頼製作も承っています。お気軽にご相談ください。

カウンター
リンク
作品リスト
コメント
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログランキング
ブログランキング参加しました!クリックお願いします^^
艦船ブログランキング
艦船ブログランキング参加しました。クリックお願いいたします!
メール
お問い合わせなどメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文: