『ティルピッツ』引き続き・・・(構造物製作編その1)

更新がちょっと空いてしまいました・・・^^;

さて、引き続き『ティルピッツ』の製作記事ですが、いよいよ構造物です。



tirpiz063.jpg

艦橋基部と煙突部分の仮組です。それぞれ木甲板になっているところを塗装して仕上げて一度確認のために組み上げています。この時に取り付けるエッジングパーツに合わせてモールドを削り取っておきました。エッジングパーツも海魂、ボイジャー、フライホークなどのエッジングセットの他に独海軍用の汎用パーツとの取り合いも確認していきました。

tirpiz067.jpg
tirpiz068.jpg

艦橋基部のディテールアップ製作状況です。
塗装してから取り付ける手すりなどはまだつけていません。艦橋前面の4連装機銃の台座部分はキットのモールドは実艦と違って背面までぐるっと周回しているのですが、実際には前の丸い部分だけになります。(第2砲塔の機銃座への張り出し部分はご希望により削り取ってしまっています。)
 キットのモールドはビスマルクと別パーツで違いを出しているのですが、実艦と窓の位置や梯子の感じなど違っているので作り直しています。海魂のエッジングセットはこの面もパーツ化しているのですがビスマルクの形状なので採用しませんでした。

後部のボートスタンド部分は海魂のパーツを使っています。ピットロード用ですが、若干の調整でぴったりおさまってくれました。^^

tirpiz064.jpg
tirpiz065.jpg

後部艦橋部分です。

マストはフライホークのティルピッツ専用のパーツセットを使用しています。これは台座部分の見張り所もパーツがセットされていて一番出来がよかったですね^^(後ろに移っているのはボイジャーモデルのパーツです。)ボート台座部分はキットの飛行機格納庫の形状を調整して海魂のパーツセットから製作しました。

マストは1941の竣工就役時と1942以降の状態を選択できる優れもののパーツで、『ティルピッツ』の場合、最終時はトップ部分をやや短縮しているのですが、今回はその前の状態で中段の見張り所のような部分がなくなっている状態で製作しています。艦橋と一体になっている前マストもパーツに含まれていて、ヤードの高さ調整など非常に細かく寸法が入っているので正直驚きました^^;

今回はここまでですが、次回も引き続き構造物の製作記事の予定です。

ではでは(^^)/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ガク@工場長

Author:ガク@工場長
1/700の洋上模型をメインに350やLEDを仕込んで製作しています。
依頼製作も承っています。お気軽にご相談ください。

カウンター
リンク
作品リスト
コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログランキング
ブログランキング参加しました!クリックお願いします^^
艦船ブログランキング
艦船ブログランキング参加しました。クリックお願いいたします!
メール
お問い合わせなどメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文: