レイテの勇者(DD-533 Hoel(ホーエル))

製作記事はまた明日以降更新いたします。^^;

ちょっと変わった作品を合間を見ながらやっていまして完成したのでオークションへエントリー中です。



お時間のある時にでもご覧ください。応援なにとぞよろしくお願いいたします!

エントリページはこちら↓
大磯海軍工廠 米駆逐艦『DD-533 Hoel』1944 1/700完成品

オークション情報は今までは少し気が引けてブログなどでご紹介するのは控えていたのですが・・・・^^;

ちょっと珍しい作品を久々に出したのでご紹介しました。

フレッチャー級米駆逐艦(後期艦橋型)のHoel(ホーエル)はレイテ沖海戦の時に軽空母などで構成された第3任務グループ(タフィ3)の一艦として参加していました。折にも対空戦闘を展開しながら南下してくる栗田艦隊と遭遇する形となり、いわゆる”ジープ空母”と”ブリキ缶”艦隊の生き残りのために単艦ひるがえして栗田艦隊の真っただ中に突入し魚雷戦を展開、混乱に乗じて脱出する目論見でしたが次々に命中弾を浴び減速、味方を逃がす形で射撃可能だった主砲2門を打ち続けて反撃。最後は重巡洋艦『羽黒』(一説には大和の副砲砲弾)の主砲弾を残っていた機関に被弾して沈黙。総員退艦の命令の後、まだ多く残っていた乗組員とともに最期を遂げました。

レイテ沖海戦というと、連合艦隊としての作戦能力の最後をかけて戦い、敗れて、海軍としての組織的な作戦能力が壊滅したという戦いでした。

後世、いろいろな研究や検証から様々は意見や考え方はあると思うのですが、現場の”戦場”にいて戦った両海軍艦艇、必死じゃなかった艦など一艦たりともなかった、まさに壮絶な死闘の中、散っていったと思うので。。。。

さて、次回更新は製作記事に戻ります。

『大淀』追い込みです!

ではでは(^^)/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

迷彩の決まってる艦艇ってカッコイイですね!!
作るとなるとハードル高いけど・・・・
製作記事 楽しみにしてま~す!!

Re: No title

ちっぴーさん

迷彩もなれるとそれほど思っているほどではないですよ~^^

木甲板のマスキングに比べれば・・・・(汗)

いずれ製作記事も掲載しますか~^^;
プロフィール

ガク@工場長

Author:ガク@工場長
1/700の洋上模型をメインに350やLEDを仕込んで製作しています。
依頼製作も承っています。お気軽にご相談ください。

カウンター
リンク
作品リスト
コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログランキング
ブログランキング参加しました!クリックお願いします^^
艦船ブログランキング
艦船ブログランキング参加しました。クリックお願いいたします!
メール
お問い合わせなどメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文: