木甲板塗装(『長門』1920製作)

今回は『長門』の製作記事です。

木甲板塗装を済ませました^^

基本的にはベース色+5色の塗り分けに+αという感じで仕上げています。今回『長門』はヒノキで甲板を貼りこんでいる関係でチーク材よりも白っぽく仕上げていきました。



nagato311.jpg

nagato312.jpg

こんな感じです^^

アオシマのこのキットの特徴としては木甲板のモールドが少し深めの凹モールドなので仕上げやすい感じですね~
一見ほぼ均一なのですがよく見るとわずかに幅が異なったりしているのでかえってリアルに感じるのも不思議なものです。

これに仕上げに艶消しのトップコートをかけるので最終的にはもう少し明るく見える仕上がりになると思います。


今回はスミイレの塗料にもちょっと工夫を試してみました^^

このあと、アンカー回りやもろもろ船体の作りこみを済ませて、いよいよ『長門』も構造物製作に入ります。

ではでは(^^)/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ガク@工場長

Author:ガク@工場長
1/700の洋上模型をメインに350やLEDを仕込んで製作しています。
依頼製作も承っています。お気軽にご相談ください。

カウンター
リンク
作品リスト
コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログランキング
ブログランキング参加しました!クリックお願いします^^
艦船ブログランキング
艦船ブログランキング参加しました。クリックお願いいたします!
メール
お問い合わせなどメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文: