これでもちゃんと軍艦^^(『鶴見1944』製作その2)

昼間はまぁまぁ暖かいいい天気でしたけど、


日が落ちると、その分なんだか冷え込むようになってきている感じです。


どーも、こんばんは!^^



・・・今日はやっぱり昨日に引き続き給油艦『鶴見』の記事にしました^^;







turumi306.jpg



商船型の艦船ということで、給気塔がそれっぽい形をしています。


写真にあるように、キットパーツそのままではやはり雰囲気が出ないので…



数がまぁまぁあるんですが、大小それぞれ削ってブラッシュアップしていきました(^^)/


これだけでもグッと印象が良くなると思います。



・・・・さて、船体の方ですが。。。




turumi307.jpg



リノリウム部分を塗装した後に、マスキングして木甲板部分の塗装を先に進めました。



今回も5色塗り分け仕様ですけど、イメージ的に少し明るい感じにまとめたいと思います。



そのあとに、各所組み上げをしていきます。




turumi308.jpg



艦橋部分と、後部の煙突を組み付けたところです。



見せ場となる艦橋部分、、、、



専用のエッジングパーツがピットロードからリリースされていますが、


今回は汎用品を使って、セミスクラッチ製作していきました。(^^)/



turumi309.jpg


キットパーツはデッキ部分だけ残してすべて削り落とし、


支柱と雨どいを極細の金属線で組み上げていきました。


周囲の板はエッジングパーツのサイディングです。(今回はライオンロアのものを使っています)


側面のトラスはファインモールドの汎用品(クロス型トラス桁)、窓枠部分は海魂の窓枠パーツ、


天幕の骨組みはサイズ的に350用の梯子パーツを使っています。



シンプルな構造ですけど、案外組み上げていくのは骨が折れる作業でした^^;




この後、手すりやデリックマスト、ボートダビッドなどなど。。。


こまごま組み付けてから船体塗装へと進みます。



知床型給油艦。。。形はいわゆるタンカーですけどれっきとした軍艦籍に名を連ねる軍艦でしたから


ちゃんと艦首に菊花紋章がついていました。何とか丸、みたいな名前でもないですしね^^




明日は、「暁」の製作記事の予定です。(主砲がちょっと中途半端でしたので・・・・)


今日のところはこの辺で^^


ご覧いただき、ありがとうございました!



コメントや質問など、お気軽に書いてくれるとうれしいです(^^)/



ではでは(^^)/


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ガク@工場長

Author:ガク@工場長
1/700の洋上模型をメインに350やLEDを仕込んで製作しています。
依頼製作も承っています。お気軽にご相談ください。

カウンター
リンク
作品リスト
コメント
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログランキング
ブログランキング参加しました!クリックお願いします^^
艦船ブログランキング
艦船ブログランキング参加しました。クリックお願いいたします!
メール
お問い合わせなどメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文: