艦橋製作です(『古鷹』1942製作その2)

どうもこんばんは!

今日もなかなか冷え込みますね^^;

連休に入りましたけど、明日あたりは北関東で雪の予報!


積もったりすると結構大変です。。。。


さて、今日は「古鷹」は艦橋の製作です^^





furutaka305.jpg


艦橋の基部の感じです。

非常によくできたパーツセットで、キットパーツとの整合性は完ぺき^^

側面の階段状のタラップも再現できるので素晴らしいです。


furutaka306.jpg


羅針艦橋デッキ部分はこの状態です。

窓枠がいわゆる参考にしたと思われる同じ学研の1/100古鷹と同じように途中まで

開いている窓まで再現している関係で枠が変なことになっています。

今回はすべてカットして、後でガラス表現を加える予定で加工しました。


furutaka307.jpg


後部艦橋パーツはこんな感じです。


壁面の換気用ベンドフードなどをプラ材でモールドを加えたくらいで、

かなり精密感の高い作りこみが可能です。

この後さらに配管等も資料写真を見ながらある程度加えていきました。



明日は煙突などそのほかの製作を掲載予定です。

ここまでご覧いただき、ありがとうございました!


ではでは(^^)/

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ガク@工場長

Author:ガク@工場長
1/700の洋上模型をメインに350やLEDを仕込んで製作しています。
依頼製作も承っています。お気軽にご相談ください。

カウンター
リンク
作品リスト
コメント
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログランキング
ブログランキング参加しました!クリックお願いします^^
艦船ブログランキング
艦船ブログランキング参加しました。クリックお願いいたします!
メール
お問い合わせなどメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文: