旧キットフル改修製作!(『鹿島』1941製作その1)

こんばんは!


この時期はまだまだ寒さが続いてなかなかホッとできる時間も少ないですね~。

ただ、春は必ず来るのでここはじっと我慢です。。。^^;


今日はまた久々に行ってみたいと思います。

旧キットディテールアップ製作!(^^)/
(昨年のハセガワ『足柄』依頼ですね)


まぁ、、、きっと自体はもはや店頭でも見かけなくなってはいるので、、、、

あまり参考にはならないかもしれませんが、現行のリニューアルキットでも

ポイントは似てくると思う!のでよろしくお付き合いくださいませ^^;


アオシマが担当の軽巡洋艦『香取』級、船体のプロポーションはいいのですが

いかんせんパーツの形状やモールドが・・・・・なので

船底板を貼り付ける前に、構造物の基部となっている箱型の部分をばっさりカット!

出来た大穴をふさぐためにプラ材で裏打ちして表側を甲板平面に合わせるように

貼り付けていきました。




kashima302.jpg



ナットを仕込んで船底板を貼り付けた後、舷窓のモールドも含めてパテで隙間含めて

埋めておいた写真です。

手を入れたところが白くなっているのでわかりやすいと思います。


一度ペーパーがけしてからできた隙間や穴など二度目のパテ打ちをしています。


kashima303.jpg


完全に乾いてから、今度は甲板上の不要のモールドもすべて削り取ってしまいます。


『香取』型軽巡洋艦は練習巡洋艦として計画建造された珍しい艦船で、

外洋航海を前提に各国訪問することを考慮して見栄えも戦艦に近いところが

いくつかあります。


甲板が木甲板、艦橋下部は講堂部分を備えるなどなかなか豪華な仕様。


という事で、すべて削り取って綺麗にした甲板部分にPカッターを使って

木甲板のモールドを彫りなおしました。


うーん、なかなかきれいな船体^^



次は各部のモールドを復旧する作業にかかります。



ここまでご覧いただきまして、ありがとうございました!


ではでは(^^)/

ブログランキングの応援、本当にありがとうございます!
引き続き、よろしくお願いします!(^^)!

(↓をクリックしていただければ嬉しいです^^ )
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ガク@工場長

Author:ガク@工場長
1/700の洋上模型をメインに350やLEDを仕込んで製作しています。
依頼製作も承っています。お気軽にご相談ください。

カウンター
リンク
作品リスト
コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログランキング
ブログランキング参加しました!クリックお願いします^^
艦船ブログランキング
艦船ブログランキング参加しました。クリックお願いいたします!
メール
お問い合わせなどメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文: