船体の製作引き続き(『津軽』1941製作その3)

こんばんは^^


今日はエイプリルフールという事でしたけど、、、、

いまいち馴染みがないの僕だけでしょうか・・・?


全く個人的な感想ですけど、日本人て案外、嘘が下手な人が多い気もしますしね^^;


今日で『津軽』の方は船体作業がほぼ終わり。






tugaru309.jpg



舷側の捨て菅やラッタル、アンカー等を取り付けて、

甲板の方へ作業は移ります。



tugaru310.jpg



機雷運搬軌条を貼りこんでいきました。

今回使ったのは0.2ミリの真鍮線です。


エッジングパーツのランナー部分も考えましたが、厚みがほぼそれと同じなので

やはりごつくなりすぎると思って真鍮線にしました。


写真の後の方に、船体から切り取られた構造物部分が・・・・
(なんだか残骸のように転がってますね^^;)



tugaru311.jpg


艦首の錨甲板部分もこんな感じです。


あとはフェアリーダーやボラードをエッジングパーツや真鍮挽物を使って

付け加えていきました。


これで船体部分はおおむね完了^^


艦橋部分と、他の構造物の製作にかかります。


ここまでご覧いただきましてありがとうございました!


ではでは(^^)/

ブログランキングの方も日頃より応援ありがとうございます!
今後とも何卒よろしくお願いいたします。(^^)/


模型・プラモデル ブログランキングへ

商標レリーフ2-2-120
製作依頼のお問い合わせはこちらへどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ガク@工場長

Author:ガク@工場長
1/700の洋上模型をメインに350やLEDを仕込んで製作しています。
依頼製作も承っています。お気軽にご相談ください。

カウンター
リンク
作品リスト
コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログランキング
ブログランキング参加しました!クリックお願いします^^
艦船ブログランキング
艦船ブログランキング参加しました。クリックお願いいたします!
メール
お問い合わせなどメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文: