船体塗装にかかります(『多摩』1943製作その4)

こんばんは(^^)/


今日はちょうどこの時期の空気感というか、いい天気でした。


外の風がなかなか心地いいです。(^O^)/


さて、『多摩』の方はのこりカタパルトを組み上げて、、、





今回は海魂のエッジングパーツから呉式2号5型を組み上げました。

2号3型のままとする資料もありますが、開戦前の横須賀ドックでの迷彩塗装ほか整備時に

換装されたという説を採用しました。


tama426.jpg


甲板部分をマスキング。。。。



tama427.jpg



船体色を吹きあげて。。。。



tama429.jpg



tama428.jpg



こんな感じになりました(^^)/


船体色が入ると一気にモチベーション上がりますよね~



、、、ですが意外にここからが手間のかかる5500トン級軽巡・・・(;^_^A



艤装作業に入ります。。。。(^▽^;)



ではでは(^^)/

ブログランキング応援ありがとうございます!
引き続き何卒よろしくお願いいたします。(^^)/



模型・プラモデル ブログランキングへ

商標レリーフ2-2-120
製作依頼のお問い合わせはこちらへどうぞ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リノリウム押さえの表現

ガク@工場長様、はじめまして。
今回、質問がありまして、初めてコメントさせていただきます。
リノリウム押さえの表現なのですが、以前の「津軽」は塗装で表現されているとのことでしたが、どのような手順、手法で塗装されたのでしょうか。
今回の「多摩」も塗装で表現されているように見えますね。
お忙しい中恐縮なのですが、ご教示願えると幸いです。

Re: リノリウム押さえの表現

>クロウさん

ご覧いただきありがとうございます^^

塗装でのリノリウム表現についてですが、『津軽』の時と同様です。

リノリウム色を吹き付け→横方向のマスキング→金色吹き付け→剥がしてから縦方向のマスキング→金色の吹き付け

手順としてこんな感じです。

使っている金色はGSIクレオスのGX209レッドゴールドになります。

割と赤みが強く、真鍮金物に近い色味なので好んで使っています。

ではでは(^^)/

Re: Re: リノリウム押さえの表現

ガク@工場長様
ご返信、ありがとうございます。
リノリウム押さえの分、極細に貼り残して塗装をするイメージでしょうか。
私も一度、チャレンジしたのですが、上手く色がのらず失敗した経緯がありましたので、「どうやったんだろう?」と思っていました。
貼り残しの幅や吹き付けの塗料の濃度など、研究の余地がありそうですね。

また、私は普通のゴールドを使っていたのですが、リノリウム色との差が少ない感じがしましたので、シルバーや黄色で調色してみました。近々、模型屋に行って、ご紹介の「GX209レッドゴールド」を探してみますね。
色々とありがとうございました。
ますますのご活躍をお祈りしています。

もう少し、お小遣いが自由になるようになったら、ガク@工場長様の作品を落札したいものですが・・・

Re: リノリウム押さえの表現

>クロウさん


コメント返信ありがとうございます^^

いろいろと試してみてください(^^)/


薄ぶきを何回か繰り返して(吹きすぎ注意です)塗膜の厚みを少しつける感じで仕上げるといいと思います。

マスキング作業は・・・これはなれるしかないかもですね。


> もう少し、お小遣いが自由になるようになったら、ガク@工場長様の作品を落札したいものですが・・・


ありがとうございます(^^)/

オークションは作品やタイミングで非常に価格が変動するのでなんとも言えませんが・・・

割と分割してご依頼いただいているケースもありますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。
プロフィール

ガク@工場長

Author:ガク@工場長
1/700の洋上模型をメインに350やLEDを仕込んで製作しています。
依頼製作も承っています。お気軽にご相談ください。

カウンター
リンク
作品リスト
コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログランキング
ブログランキング参加しました!クリックお願いします^^
艦船ブログランキング
艦船ブログランキング参加しました。クリックお願いいたします!
メール
お問い合わせなどメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文: