スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハセガワリニューアル『峯雲』完成(『峯雲1943』製作その4)

今週に入って日中は汗ばむほどの陽気になって桜も一斉に開いてきていますね^^

ハセガワリニューアルキット『峯雲』は今回で完成です。

キットの設定をそのまま製作していった形です。




minegumo2315.jpg


各部のアップはこんな感じでまとめていきました。

機銃座周りのロープワークはうるさくない程度にとどめています。

パラヴェーンや爆雷投射機などもサイズ感もバランスよく、ディテールも申し分ないですね^^

今回はパラヴェーンの設置台は他のEPから持ってきて使ってみています。


minegumo2316.jpg

minegumo2317.jpg

minegumo2318.jpg



あとから手直しした艦橋の窓枠付近もこんな感じでまとめています。


minegumo2319.jpg


あとからだとこの辺りまでがどうにか、、、、という感じでしょうか(;^_^A



完成写真も撮影したので何点か。。。


minegumo2008-vert.jpg
minegumo2109-tile.jpg


他の写真はHPのギャラリーに掲載しています。

お時間のある時にでもごらんください。


今回、待望のリニューアルとなったハセガワ駆逐艦の『朝潮型』を製作してみての感想は、

全体のサイズ感やディテールなどは驚くほど進化を遂げて素晴らしいの一言でした。

手直しするところはほとんどなく、考証面で機銃座の形状や艦尾の装備関係など

まだまだ検証するところは多いとはいえこの完成度は目を見張るものがあります。


惜しいと思ったところはパーツによっては「え?なんで?」と思う部品も見受けられたところで

この辺りは成形の関係上やむを得ない選択だったのかな、と思っています。



あと、今まで「この程度のモールドだったら全部取り除いて作り直したほうがよりイイ」と考えがち

だったのですが。。。このキットを手掛けてみて、残すところは残しつつほかの部分を調整していく

という製作作業にかなり手間取りました。(;^_^A


今後はこういう感じのキットが主流になってくるとも強く感じましたし、

その意味でも自分のスキルや作業の判断などもっともっと勉強しないと、とも思いました。




こういったキットベースでどんな風に当工廠らしく仕上げていくか?

そんなことを考えつつの製作でした。


ここまでご覧いただきありがとうございました(^^)/


次回は逆にそれまでの朝潮型駆逐艦スタンダードとして長年お世話になったことに

敬意を表して作り納め的な意味合いも込めてピット版朝潮型駆逐艦を掲載していきます。


ではでは(^^)/

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いつも楽しく拝見しております
今後の参考にしたく教えて頂きたいことがございます
船体溶接線はどのように作られているかと 何か資料があるのか
いつも悩んでいる部分なので
貴殿の方法で構いませんので
教えて頂けないでしょうか

Re: タイトルなし

>タカタカさん コメントありがとうございます(^^)/

コメント返信が遅くてスミマセン

ご質問の件ですが、近いうちに簡単に紹介する記事を書こうと思っていますので
またその時に見に来てくださればと思います。

よろしくお願いします。

返信ありがとうございます
楽しみに待っております
これからも励みにして行きますので
よろしくお願いします
プロフィール

ガク@工場長

Author:ガク@工場長
1/700の洋上模型をメインに350やLEDを仕込んで製作しています。
依頼製作も承っています。お気軽にご相談ください。

カウンター
リンク
作品リスト
コメント
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログランキング
ブログランキング参加しました!クリックお願いします^^
艦船ブログランキング
艦船ブログランキング参加しました。クリックお願いいたします!
メール
お問い合わせなどメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。