スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珍しく?フルハル駆逐艦(『雪風1941』製作その1)

先月に引き続き久しぶりのブログ更新です。

なかなかどうして時間のコントロールが最近特に難しくなってきていますが。。。。

個人的にもろもろこの春変化もありつつなのでようやくここにきて慣れてきた感じです。(^^ゞ

当工廠についても今年はいろんな目標を掲げつつクリアしていきたいと思います。m(__)m


記事も連続させることにこだわらず進めていくと思いますのでよろしくおねがいいたします。


今日の更新に先だってページの右に表示されるカテゴリの内容も一気に追加しました。

追加したテーマについてもおいおい掲載していきます。
(掲載記事”0”のままのものですね(^^ゞ)



さて、今日の記事は700の駆逐艦でフルハル^^

『雪風1941』をスタートです。

依頼製作の作品ですでに完成してお引き渡ししていますが掲載の許可をいただいていましたので

アーカイブ的にまとめていきたいと思います。




当初ピットロードキットベースにAKAのEPセットという構成でした。


中身はこんな感じです(^^)/


yukikaze4302.jpg


作業にあたり気になった部分を先にチェック。。。

というのもAKAのEPセットは扱いが初めてという事もあったのとアオシマキットに

あわせて構成されている点が気になりました。

またピットロードのキットはもともとWLモデルとしてラインナップされているものに

ハル部分を追加ランナーで補う形の構成だったという事もあります。


では船体部分をつぶさに見ていきます。


yukikaze4303.jpg


WLとフルハルの選択式という意味ではキットの選択肢が増えているのは歓迎できますね^^

肝心の”合い”の部分ですが。。。


yukikaze4304.jpg

yukikaze4305.jpg

yukikaze4306.jpg


キットとしては綺麗に合うようにパーツが設計されているので問題ないのですが

ピットロードのキットには潜在的に艦尾部分のナックルが再現されていないという部分があります。

もちろんこのスケールなので誤差の範囲内として気にせず製作するのもOKですし

ハル部分を合わせるときに艦首のヒケなどと合わせてパテとやすりで作業することになるので

艦尾のナックルを再現することもそれほど大変ではないと思います。^^


ですが今回は陽炎型という事もあってこちらのキットの採用をお願いしました。


yukikaze4307.jpg


アオシマのフルハルバージョンの『雪風』です。

構造物部分のランナーはWLと共用なんですが、船体は新規の設計でリリースされたものです。

ざっとご紹介しますと

yukikaze4308.jpg

yukikaze4309.jpg


艦尾のナックルも絶妙に再現されており、艦首、船首楼のカーブラインも非常に良く再現されています。

現在は流通在庫しかないそうなのですが是非是非再販してほしいと思うキットです^^

固定脚用のナットを埋め込んで船体を組み上げていくとこんな感じになります。


yukikaze4310.jpg

yukikaze4311.jpg

yukikaze4312.jpg


舷窓の庇も表現されていて溶接痕表現のモールドもうるさくない程度に繊細に表現されています。

何より船体のフォルムは秀逸で、この辺りは「さすがアオシマ!」と言いたくなるくらいです^^

モールドの甘さを気にする向きもあるかと思いますがこのスケールのキットとしては

スタイルをわずかにボリューミーに表現して存在感を出しつつ破たんしないようにまとめてくる感じは

溜息ものです(^^ゞ

「ん~実に色っぽい」

甲板パーツとの合わせには好き嫌いも出てくるかと思いますがもう一点特筆するところは。。。


yukikaze4313.jpg


写真の真鍮線は0.2mmになります。

リノリウム抑えの表現が凹モールドになっており、若干太めになっています。

真鍮線を埋め込む最適で現物合わせて敷き込んでサラサラタイプの瞬着をカッターの先に載せて

流し込んでいくと綺麗に半埋込に取付できます。

リノリウム塗装した後に軽くこすると綺麗に抑えの表現ができるわけです^^


今回はEPセットに甲板パーツが用意されているのでそちらを使いますが、数種類の汎用EPで

十分に作りこめるベースとしては最適なキットの一つと思います。



今回の記事はちょっと長めですが内容的にまとめて掲載したほうが見やすいと思ったので

一気に書いていきました。


アオシマのフルハルキットをカットしてWLに逆アセンブリというのももちろんアリだと思います。



コメントで溶接痕表現のやり方を教えて欲しいとあったのでこちらは別のテーマの作業の時に

ご紹介したいと思います。


ではでは(^^)/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ガク@工場長

Author:ガク@工場長
1/700の洋上模型をメインに350やLEDを仕込んで製作しています。
依頼製作も承っています。お気軽にご相談ください。

カウンター
リンク
作品リスト
コメント
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログランキング
ブログランキング参加しました!クリックお願いします^^
艦船ブログランキング
艦船ブログランキング参加しました。クリックお願いいたします!
メール
お問い合わせなどメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。