FC2ブログ

ドック型輸送揚陸艦(『LPD-20グリーン・ベイ』製作その4)

今週後半に来ていきなり真冬がまとめて来た感じです。。。


ブログも数日お休みしましたが、再開です(^^)/


久しぶりの現用艦でスケールも350になります。


「LPD-20 グリーン・ベイ」



当初LPD-21ニューヨークとして掲載しての記事でしたが


現在太平洋艦隊所属 長崎県佐世保基地配備の


「LPD-20 グリーン・ベイ」として完成を目指します。


ギミックなどは追加しませんが、写真資料などでわかる範囲で


必要箇所は改修、追加工作していく予定です(^^)/


キットはモノクロームの1/350「LPD-21ニューヨーク」に


ポントスの専用アフターパーツセットに加え、


搭載車両の別パーツなどを載せていきます。


では、まず船体の処理からです(^^)/






GB302.jpg




GB303.jpg


GB304.jpg



艦首部分のバルバスバウは別パーツなので


接合面を溶きパテで処理しておきます。


ビルジキールなど、取付できるパーツを付けて


全体をサンディングしていきます。



GB305.jpg


GB306.jpg


フルハルモデルとして仕上げるので


ケース固定用の金属脚の為のナット部分も


キッチリセンター出しして準備しておきます。


フルハルの場合船底部分は平面ではないことが多いので


僕は瞬着で位置決めして、プラ材で動かないように固定しています。


もちろんガッチリ糊付けはするのですが、経年劣化で必ず外れるので


ノリが外れても動かないように組み上げています。




続いて上部パーツとの仮合わせです。




GB307.jpg


GB308.jpg


GB309.jpg



キットの大きさもそうですが、


成形上、もしくは保管状態から必ず”歪み”が発生しています。


また、パーツの合わせも内部の再現も含めて分割が独特なので


この段階でほとんどパーツは仮組してしまいます。


下処理するポイントを確認してすべて洗い出しておく必要があるためです。


なので、、、、


引き続き、上部パーツも先に組み上げる部分のチェックをして


問題ない部分だけ組み上げていきました。


GB310.jpg



モノクロームのこのキットについて、、、


350というスケールと、現用艦の中でもいわゆる箱型の船体なので


サクッと組みあがるイメージですが


情報量の多いモールドやパーツ数の割に


かなり”大味”です(笑)


狙った仕上がりにたどり着けるか??


よろしくお付き合いくださいませ(;^_^A


ここまでご覧いただきありがとうございますm(__)m


ではでは(^^)/


ブログランキング応援ありがとうございます!
引き続き何卒よろしくお願いいたします。(^^)/

よかったらツイッターのフォローもどうぞ
twiiter:@Gaku_Oiso



模型・プラモデル ブログランキングへ

商標レリーフ2-2-120
製作依頼のお問い合わせはこちらへどうぞ。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ガク@工場長

Author:ガク@工場長
艦船模型を製作しています。
製作依頼は下のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。

カウンター
リンク
作品リスト
コメント
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログランキング
ブログランキング参加しました!クリックお願いします^^
艦船ブログランキング
艦船ブログランキング参加しました。クリックお願いいたします!
メール
お問い合わせなどメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文: