97式艦上攻撃機(2号)?

兄弟子Zeke1@トシさんの
洛南工廠『睦月1941』パラオ試験迷彩オークション出品中!終了まであとわずか^^
お見逃しなく


wsb_rc51-img600x398-1335462175i0f43612147.jpg

出品ページは下記をクリック!↓
http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k152779201

当初ドイツ海軍より情報を得た駐在武官からダズル迷彩が潜水艦からの目測を誤らせるのに
有効という内容を元に当時の第30駆逐隊4隻にすべて施されました。
他の艦の模様は詳細が不明でしたが(4隻ではなく二番艦の『如月』までという情報もあり)
この試験で有用性が確認され、特設水上機母艦など商船からの徴用艦船に随時施されました。

 意外にも米海軍でも早い時期から駆逐艦などでやはり実験されて様々なパターンを
開発改良した米海軍ではそれこそ多彩な迷彩を各艦艇施されていたことは知られていますよね^^

 日本海軍ではその後、雲形や最終的な空母迷彩(外舷1号2号迷彩)に発展していきました。
話しは横道にそれますけど、元々日本海軍より性能的に劣る魚雷しか持たなかった米潜水艦は
至近まで突撃して雷撃する方法を主としており、誤認を防ぐために太陽に向かって目標を定める
戦法を取ったため結局はあまり効果がなかった、とする話しもあります。
 対潜ソナーの開発に非常に遅れをとっていた海軍では結局のところ至近まで近づけてしまった
という苦い結果にその後の戦線が維持できなかった原因のひとつが垣間見えます。

 ・・・・さて、脱線はこれくらいで今回は97艦攻です!



 左から、静模、ライオンロア、フジミ付属と並べてみました。
静模これもがんばっていると思いません?^^翼の厚みはこのスケールでは
申し分なし、胴体もシャープで非常によいシルエットです。
 ライオンロアは非の打ち所なし!すばらしいの一言に尽きます。
エッジングはフライホークのセットですので、今回キャノピーを開き状態で
後部7.7ミリ機銃を出しているところも作ってみました。

 雷装、爆装と二種類存在するのでこんな組み合わせをしてみました。

akagi016.jpg

 静模は比較のためにライオンロアのエッジングパーツから800㌔爆弾を
つけてみました。なかなか個性が違ってきて面白いですよね~

 フジミはさすがに機体以外はパーツがイマイチだったのでライオンロアのキットパーツを
使いました。エッジングよりも立体的でリアルだと思います。

akagi017.jpg

 一つためしで、フジミの付属パーツはクリアで、キャノピーが別パーツなので
エッジングパーツと別々に塗装してガラス表現がうまく出来ないか、取り付けずに
別置きにしております。果たしてうまく行きますでしょうか^^;

 翼の厚みが比較するとより気になるところですが、3機しか付属していないことと
削り込んでモールドを壊してしまうのももったいない気がしたのでそのまま行きます。

 それでは~^^
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

かっこいいですね

こんばんわ、ガクさん
97艦攻かっこいいですね。たしかに静模の製品もひけをとらないですね
魚雷つけるといいですね、エッチング付けることを前提にすると、フジミの透明プラは逆に扱いづらいですね。

Re: かっこいいですね

しょうしょうさん>

しばらくです^^『赤城』着々と進んでいますので
次のアップまでしばらくお待ちください!

> 97艦攻かっこいいですね。たしかに静模の製品もひけをとらないですね
> 魚雷つけるといいですね、エッチング付けることを前提にすると、フジミの透明プラは逆に扱いづらいですね。

静模もパーツも結構いけますよね~
ただ、フジミは見てのとおりなのでやはりライオンロアのキットが
最適です^^

エッジングパーツもどこまで進化するのやら。。。という
感じですが、やはり実際作りこみともっと・・・と考えてしまいます。
あとは甲板上の演出なんですけど、おまけパーツもあるので
ちょっと凝ってみようと思っています。
出撃のシーンがうまく作れたらと思いますね^^

No title

ガクさん
お久しぶりです。
ケニーです。

フジミの艦載機は確かに翼の厚みが気になりますね
クリア整形の泣き所なのでしょうか?
静摸の艦載機は確かに今見てもそれなりに
見栄えはしますし
あの翼の薄さは確かに良いですね。
ライオンロアは最近手を出してみましたが
やはり素晴らしいの一言ですが
お値段がもう少し安ければさらに
言うことなしなんですけどねぇ
それでは、次回更新も楽しみにしてます。

お久しぶりです^^

> ケニーさん
コメント遅くなりました^^;
連休は全部仕事で休みなしだったもので・・・
更新もぽっかり明いてしまっています。

> フジミの艦載機は確かに翼の厚みが気になりますね
> クリア整形の泣き所なのでしょうか?

静模のクリアパーツセットは問題ないですから
金型の問題でしょうね~
フジミのいつも『惜しい!』ところですね^^

ライオンロアのキットパーツは
お値段なりに、というところですよね・・・^^;

にしても、1/700の世界でどこまでデティール追求の
進化は進むんでしょうかね~
そのうち水兵パーツもレジンで立体的になったりして・・・

どうやって塗るんじゃぁ~~~!!って
叫びたくなります。それこそ米粒に字を書く世界ですね・・・
プロフィール

ガク@工場長

Author:ガク@工場長
1/700の洋上模型をメインに350やLEDを仕込んで製作しています。
依頼製作も承っています。お気軽にご相談ください。

カウンター
リンク
作品リスト
コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログランキング
ブログランキング参加しました!クリックお願いします^^
艦船ブログランキング
艦船ブログランキング参加しました。クリックお願いいたします!
メール
お問い合わせなどメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文: