fc2ブログ

リノリウム抑えの貼りこみ(『鳥海1942』製作その11)

今日の記事は少し長めになります(写真多め)(^^ゞ


汎用のPE(エッジングパーツ)で用意されている


”リノリウム抑え金具”のパーツを甲板に貼りこんでいく作業です。


だいたいのパーツメーカーが出していますが、


スケール的な細さという意味でギリギリ海魂の物かFHの物を


よく採用します。(レインボーはコスパの関係で最近はあまり使ってないです)


ファイブスターなどの後発は割と扱いやすさ優先で太すぎるので


350に作品にちょうどいいくらいの太さになります。


真鍮線での表現では0.1mm以下になります。なのでPEでも太すぎるのですが
(0.2では太すぎる。。。)

あくまで模型的な”エフェクト”と割り切って使う感じです。


まずは船体塗装を終えて、各所をリタッチ





chokai354.jpg


chokai353.jpg


マスキングの前に貼りこんでいた一本は接着不良で剝がれてしまいました(^^ゞ


どうしても瞬着だと極端に使用量を少なく、を意識してしまうので


割と起こる事故だったりします(笑)


今回は最上甲板の通行帯部分もリノリウム表現をしてみました。


では、巡洋艦などで多く見られる縦方向の押さえ金具の表現を加えた貼りこみです(^^)/



chokai356.jpg


僕が甲板部分のモールドをそれほど神経質に慣らさない理由の一つは


このピッチガイドとして役割に使いたいからです^^


図面資料などを参考に


縦方向の段変わりの位置を決めていきます。


気になる向きは正確な寸法出しとケガキなどで位置を軽くケガいて


貼り進めていく方法もありますが、、、


僕の場合

・おおむねキットで表現されているピッチが合っている事が確認できれば誤差とする
・全体の統一感が重要と考えるので古鷹型など一部ピッチが違う事が判明している艦以外はモールドをガイドに
・モールドがうっすら確認できる程度の方がL字に接着面を確保できるので流し込み接着剤が決まりやすい

以上の理由です(経験上)


これは転がりやすい金属線を使う時はさらに効果は絶大で


モールドの前側か後ろ側という点を混ぜないようにぶつけて接着するだけで手早く綺麗に仕上がります。(^^)/


chokai355.jpg


chokai357.jpg


chokai358.jpg


chokai360.jpg


chokai359.jpg


chokai361.jpg


だいたいこんな感じになりました(^^)/


これで仕上げの段階でスミイレをしていくことで


非常に細かいつなぎ目やごくわずかな段差のような部分も


スミだまりを敢えて起こすことで全体が落ち着いてくれます^^



ポイントは瞬着を使うのではなく流し込み接着剤を使う事。
(即乾タイプはNG)

揮発融着する際に僅かにパーツや塗膜を融解してから乾くので、


一旦浮いたようになった後に割とガッチリ食い込みように貼りつきます。


失敗した場合は、タイミングにもよりますが融解がそれほど進まないうちは


手早くピンセットで取り外しできますし、完全に乾いてからの場合は


デザインナイフなどで端をひっかけてつまむポイントを作ってから


ペリペリと剥がすことも出来るのでリカバリーもやりやすいと思います。
(剥がすときに案外強く貼りついてくれていることもわかります^^)


塗装前にプライマー処理するのもこの時の接着力を補完することも期待しているためです^^



塗装前に先に船体に瞬着で貼りこんで、塗装を終えて削り出す方法もありますが


圧倒的に手早く、かつ美しく仕上げる事が出来ると(個人的に)考えているので


興味のある方は一度チャレンジしているといいと思います(^^)/


今回は少し長くなりましたが、この辺で。。。


ご覧いただきありがとうございます。


ではまた(^^)/

作業配信のリンクは以下になります^^

Youtubeチャンネル
Gaku_Oisoチャンネル

ツイキャス配信チャンネル
Gaku@大磯海軍工廠の雑談作業配信



ブログランキング応援ありがとうございます!
引き続き何卒よろしくお願いいたします。(^^)/


よかったらツイッターのフォローもどうぞ
twiiter:@Gaku_Oiso



艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

商標レリーフ2-2-120
製作依頼のお問い合わせはこちらへどうぞ。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

平行も垂直もビシッときまってるのは、やはり独自の工夫のいくつもの積み重ねなんだなというのを実感いたしました。

極細真鍮線

実艦リノリウム押さえは、何センチくらいだったんでしょうね?
軍艦雑記帳にも、軍艦メカニズム図鑑にも、構造は載っていますが幅の記載がありません。
写真等で判断すると、せいぜい4~5センチ幅くらいに見えますから、1/700だと0.1でも太いことになってしまいます。
でも、きっちり揃ったリノリウム押さえがあると、カッコいいんですよね!

そういえば以前、塗装で表現されていた時代がありましたが、やっぱり真鍮製の金属を植えた方が良いという判断でしょうか?
(その頃、真似て塗装したことがあったりして (;^_^A)

Re: こんばんは。

まるねるど さん>

いらっしゃいませ(^^)/
いつもカワイイちっちゃい木彫りのニャンコたちを楽しみに拝見しております~(^^)/

マス目感って結構気になる部分ですよね~
十字の使い方がわりとポイントだと思っています^^

Re: 極細真鍮線

クロウ さん>

実艦に使われていたリノリウム抑え金具ですが

実寸の記載を確認出来るものがあまり知られていないので
そういう印象かもしれませんね~

実際採用されてから、縦貼り、横貼り、といろいろ試されていたこともあって
余計にわかりにくいかもしれません。

当初2寸5部(約76mm)とされていましたが
後に7センチ幅が主流になったと記憶しています。
つもり0.1mmがジャストサイズ、というわけです。

甲板鋼板に下穴をあけてタッピングビスで打ち込んでいきました。
中心の1センチがビスしろで両側3センチずつ挟み込んで止めて行くイメージですね^^
(これはこれでなかなか大変な作業だとも思います)

御参考までに^^
プロフィール

ガク@工場長

Author:ガク@工場長
艦船模型を製作しています。
製作依頼は下のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。

カウンター
リンク
作品リスト
コメント
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ブログランキング
ブログランキング参加しました!クリックお願いします^^
艦船ブログランキング
艦船ブログランキング参加しました。クリックお願いいたします!
メール
お問い合わせなどメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文: