FC2ブログ

艦橋の製作です^^(『プリンツオイゲン』1942製作その2)

今日は晴れて暖かくなる!っと期待していたのですが。。。。


当工廠のある南関東は、いきなり雨が降ったり、急に冷えだしたりと

なんだか変な天候です。( 一一)


この時期にインフルエンザ(B型らしいですが)がぶり返しているようで。。。

怖いですね。


あ、こんばんは^^
(挨拶するのを忘れていましたね(^▽^;))


製作の方は艦橋です。(^▽^;)




prinzeugen354.jpg

prinzeugen355.jpg




木甲板部分の塗装は先に済ませて、組み上げていったところです。


干渉しないように先にマスキングできるのも利点ですね^^


パーツセットには含まれていない汎用品部分なども付け加えていきました。
(主に舷窓や裏側の補強桁などです)


、、、、で。


なぜに1942、しかもチャンネルダッシュ作戦直後、としたのかは。。。


prinzeugen356.jpg

prinzeugen357.jpg


これです。


艦橋トップの部分がこの時期の特徴として拡張されていることと


搭載されているFuMOレーダーの形状がまた変わっているので、


何故か好きなんですよね~^^;


ドイツの電探ってすごく独特な形状が多いと思いません?

そんな中でも、このなんとも左右非対称な感じがちょっと萌えます^^;


またこの時期の塗装も、なかなか特徴的なのでこれはまた後日ご紹介します。


ここまでご覧いただきましてありがとうございました!


さらに艤装品関係の作業を進めていきます。


ではでは(^^)/

ブログランキング応援ありがとうございます!
引き続き何卒よろしくお願いいたします。(^^)/



模型・プラモデル ブログランキングへ

商標レリーフ2-2-120
製作依頼のお問い合わせはこちらへどうぞ。

プリンツオイゲン再び!(^^)/(『プリンツオイゲン』1942製作その1)

こんばんは^^


今日も一日雨の寒い日でした。。。。夜になって月も出て少し落ち着きましたけどね^^;


今日の記事は表題通り、独重巡洋艦『プリンツオイゲン』です。


今回はタミヤキットベースのフライホークEPセットでの製作になります。


それと、、、、製作年次を1942年のチャンネルダッシュ作戦”直後”、という。。。

少しマイナーな設定で進めていきます。



なぜそんなピンポイントの時期か?というと、

単に工場長が好きだからです(笑)
(どうしてか?はもう少し進んでいくとわかると思います^^;)


では、参ります。





prinzeugen351.jpg




写真は一気に進んでいるような感じですが・・・・・^^;


船体の基本処理と木甲板の塗装だけは結構前に終わってました。

依頼のピット版『プリンツオイゲン』製作の時の塗装テスト用で作業していたものです。


そこから、各パーツの仮組とパーツのチェックをしながら

全体の塗装に入れるところまで組み上げていった感じです。


中央付近はこんな感じです。


prinzeugen352.jpg


各パーツの精度はやはりタミヤという感じで非常にカッチリしていて素晴らしいですね~

ただ、一部は若干タイトすぎて後で困りそうなところもあるので、

事前の仮組は大事だと思います。


フライホークのEPもタミヤ用にフィックスされているので、ジャッキステーなどは

実に気持ちよく決まってくれるのでおススメですね(^^)/


この後は艦橋、兵装関係に製作を進めていきます。

ここまでご覧いただきましてありがとうございました!


ではでは(^^)/

ブログランキング応援ありがとうございます!
引き続き何卒よろしくお願いいたします。(^^)/



模型・プラモデル ブログランキングへ

商標レリーフ2-2-120
製作依頼のお問い合わせはこちらへどうぞ。
プロフィール

ガク@工場長

Author:ガク@工場長
艦船模型を製作しています。
製作依頼は下のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
(現在は新規のご依頼は受け付けておりません)

カウンター
リンク
作品リスト
コメント
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログランキング
ブログランキング参加しました!クリックお願いします^^
艦船ブログランキング
艦船ブログランキング参加しました。クリックお願いいたします!
メール
お問い合わせなどメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文: