FC2ブログ

ブログ再開します。新ハセ『夕雲』(『夕雲1941』製作その2)

お久しぶりですm(__)m

前回更新から半年近く・・・・


やるやる詐欺と言われてしまいますね。。。トホホ


毎日とはいきませんが徐々に本来のペースに戻していこうと思っています。

個人的な環境、調子といった部分がその理由の大半ですが、

なんとか取り戻していきたいと思います。

よろしくお願いいたします。m(__)m


更新記事は前回からの続きから入ろうかと。。。(;^_^A

ハセガワニューキット『夕雲』

当初1943時を考えていたんですが、竣工就役時に変えて進めていこうと思います。


同時期にリリースされた朝潮型『峯雲』もあわせてまずは船体のレビュー





yugumo306.jpg

yugumo308.jpg

yugumo307.jpg




船体の形状自体は非常にシャープで秀逸な出来だと思います。

が昨今のキットでいつも感じるのは

平面に対しては繊細な彫刻がすすむ一方で、立体造形の部分でバランスを著しく欠いている点と

ダボ穴の取り方ですね。。。

キット化する段階でどういう設計思想なのか僕にはイマイチ見えてこないのです。

なので


「素晴らしい!」と最初思うんですが、


後から「ん~~~~???」と首をかしげることもしばしば(笑)

艦尾のナックルはよくとらえていて舷外路やアンカーチェーンなどのモールドも

非常に良好なのに、ダビッドの為のダボ穴かフェアリーダーのパーツの為の切り欠きなど

この後かなり長い事悩んだり、迷ったりで相当な時間手が止まりました。(;^_^A



という事で、進めながらも四苦八苦している様子をご覧ください(笑)


yugumo310.jpg


まずは煙突周りの配管パーツのトップ部分をちょっとだけ加工

ポンチでアタリを付けてから0.3mmのドリルで少し彫り込みます。

そのあと0.4mmのドリルで少し広げたらデザインナイフの刃先で楕円形になるように

グリグリひねりながらラッパ状にしていきます。

写真ではちょっとわかりづらいですが、塗装後のスミ入れで結構いい感じになります。


続いて艦橋のパーツです。


yugumo311.jpg

yugumo312.jpg

yugumo313.jpg


窓の庇のモールドは繊細でいい感じなので、そのまま今回は使うことにしました。


抜きの関係なのか斜めの面の窓のモールドは楕円に伸びている感じなので


ドリルでさらう時に角度に注意しました。


正直なところ、「無理してモールドしなくていいんだけど。。。」と(;^_^A

形状はバランス的にも良好で、後ろの支柱もちゃんとパーツには反映されています。

今回は穴あきビームのEPを貼り付けましたが、ポンチでスミイレ用の穴を打っていくのもアリです。


最後の写真は窓枠をEPに変更するため天蓋のパーツをギリギリまで薄く削ったものになります。

厚みのガイドとして、写真の矢印部分の凹み(測距儀が付く高台部分)は本来は開いているので

その部分がなくなるまで薄くできればベターだと思います。


艦橋の組み上げについては次回以降の更新で掲載します。



ここまでご覧いただき、ありがとうございました。m(__)m

ではまた次回(^^)/



新ハセ『夕雲』(『夕雲1943』製作その1)

ブログ更新も久しぶりになってしまいました。。。

昨年からもろもろなかなか調子が戻ってこない工場長ですが・・・・

実は作業ブランクも含めてかなり戦々恐々だったので
一時ですが集中的に作業リハビリを行っていました。

ブログの更新内容もあれこれ悩んでいたのですが、

順不同で記事として写真を編集したものをツラツラとアップすることで
こちらも調子を戻していきたいと思っています。

開設から紆余曲折、よく続けてこられていると我ながら思いますが・・・(;^_^A


さて、今日の記事はタイトル通りですが。

今現在ではそれほど”新”って感じでもないですよね(^^ゞ

ただ、以前掲載した『朝潮型』の新キットの『峯雲』にもみられるような

昨今の艦船模型キットの傾向になれる意味合いも含めて『夕雲型』でも

確認していきましたので、ご覧いただければ幸いです。


という事で、まずは船体パーツ

yugumo301.jpg

yugumo302.jpg

yugumo303.jpg

yugumo304.jpg


それまで個人的にほぼ正確と思っていたS&Sのレジンキットの船体との比較です。

写真奥に移っているのはそれまでお馴染みだったピットロードの船体パーツです^^

おおかた残されている図面資料などからしっかりトレースしてパーツ化したことが

わかる非常に引き締まったシルエットのパーツなのがわかります。


主砲のターレットの位置や構造物の基部部分などほぼ誤差のレベルで

上手くとらえていると思います。


朝潮型同様艦首付近の形状は秀逸で申し分ないです(^^)/


舷外電路の経路については各艦微妙に違っていたりするので製作するうえでは

大きな問題にならないと思います。



このシャープかつ繊細な船体にそのほかのパーツ類をどうバランスしていくか?

そのような感じのテーマになるかと思います。


個人的な要望としては。。。。もういい加減このスケールのキットに大きなダボ穴は

不要なんじゃないでしょうかね・・・・(;^_^A

ガイドマークくらいにならないんでしょうか・・・・orz


ご覧いただきありがとうございました。


ではでは(^^)/
プロフィール

ガク@工場長

Author:ガク@工場長
艦船模型を製作しています。
製作依頼は下のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。
(現在は新規のご依頼は受け付けておりません)

カウンター
リンク
作品リスト
コメント
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログランキング
ブログランキング参加しました!クリックお願いします^^
艦船ブログランキング
艦船ブログランキング参加しました。クリックお願いいたします!
メール
お問い合わせなどメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文: