FC2ブログ

『大淀』小物製作

関東は昨日も今日も雨の朝でスタートですが・・・(--)

この時期は桜が満開になるとなぜか一度天気が悪くなるような気がしますね~

さて、『大淀』は小物類製作です。

製作年次が1944ですので、搭載機は零式三座水偵になります。



搭載艇も今回はナノドレッドにレインボーモデルの内火ランチを使っています。

ooyodo209.jpg
ooyodo208.jpg

零式三座水偵は写真にもありますが電探装備の後期型を再現してみました。アンテナが特徴的ですね~^^

機体番号もいれてあります。

尾翼の白線はデカールを使用しています。周りのはみ出しが起きていましたので乾燥してからきれいに削り取りました。

次回は並行して作業している他のテーマか引き続き『大淀』の記事を掲載予定です。^^;

ではでは(^^)/

『大淀』製作~(構造物その2)

先週は更新作業ができませんで・・・(@@)

いまいち調子が定着しない工場長ですが・・・・

久方ぶりの『大淀』です。(どうなった?!と突っ込みはご容赦くださいませ・・・^^;)

残りの構造物です。



ooyodo219.jpg

飛行機格納庫改め、司令部施設棟。。。

昭和19年に横須賀工廠にて連合艦隊旗艦として必要設備を搭載する改修工事をうけたので外部のダクト類はそのままに中を3階層に区切るといった変化をしております。一番わかりやすいのは後のシャッター部分が壁になり、ドアや舷窓がついているところですね^^

ooyodo220.jpg

ooyodo222.jpg

搭載機も零式三座水偵2機となり、格納庫からもろもろ外に出されてしまったので航空機作業甲板が兵員待機所とともに甲板に設置されて大型のカタパルトも2号5型に改められました。

写真はファイブスターのエッジングセットのパーツを組み上げたところです。航空機揚収クレーンもなかなか良い出来ですね^^

今回のアオシマのキットは前回の記事の時にも述べましたが意外なほどに構造物のパーツの合いが悪く、いちいち接合部分に隙間ができるという地味なトラブルに時間をとられているのが残念ですね^^;

艦橋と飛行機格納庫はちょっと首をかしげたくなるほどだと思いましたので製作されるときにはお気を付けくださいませ。

次回は船体と小物類になる予定です^^

ではでは(^^)/

『大淀』製作(構造物その1)

引き続きの製作リポート『大淀』です。

今回は構造物のその1です^^艦橋その他ですね。




ooyodo214.jpg

『大淀』は阿賀野型同様平甲板船体なので別々に組み上げて後で合わせる手順で進めています。実際の作業進捗とは前後していますけど…^^;

艦橋基部の部分を組み上げたところです。意外にパーツの間の隙間に悩まされました・・・(@@)

部品割りの関係もあるんでしょうけど結構あちこち散見します。都度やすってはパテ打ちしてやすってを行いようやく作りこみ開始をしている状況です。

ファイブスターのエッジングセットで大まかにはできるのですが全体的に少なめの構成なので扉や舷窓などかなり追加して作業していくようになります。モールドもウェルデッキ部分は舷窓が表現されいるのですが肝心な艦橋部分は非常にあっさりしているので資料を基に追加工作しています。

ooyodo216.jpg

ooyodo217.jpg

こちらは煙突^^

配管をすべて削り取って金属材料で作り直しています。ジャッキステーも必要に応じてカットしながら使っています。

ooyodo215.jpg

15.5㎝3連装砲^^

こちらはまずまず。

今回はこの辺で^^;

次回も引き続き構造物です(元飛行機格納庫などなど)

話は変わりますが今現在ヤフーオークションに作品をエントリーしています^^
ちょっと変わった設定で製作しました。軽巡洋艦時代の『北上』です、お時間のある時にでもご覧くださいませ。
艦橋やマストなど並べて比較されることの多い『大井』との差異を反映してみたつもりです。

エントリーページはこちらから↓
http://page21.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/j381425859

今年はよりマニアックな作品を手掛けていきたいなぁ・・・などと考えておりますが気が変わってメジャー路線もやるかもしれません^^;

ではでは(^^)/

ひと月ぶり・・・(@@)

寒い日が続きますね・・・いよいよインフルエンザの流行の季節だとか(@@)

皆さまご自愛くださいませ。

さて、新テーマ、ではないのですが全然掲載していなかった製作『大淀』1944を進めてまいります。
よろしくお付き合いくださいませ。^^



ooyodo202.jpg

ooyodo201.jpg

ooyodo203.jpg

ベースキットはアオシマの『大淀』1944に、ファイブスターのエッジングセットをメインに製作を進めていきます。

前回の記事で舷窓の位置や数、また塞がれていた、いない、などもろもろ考察していきましたがあわせてかなりの時間をかけてしまいました・・・。

船体にナットの埋込をした後にパーツを接着して船底板の隙間に溶きパテを打って削り出し、エッジングの甲板の貼り付けに加えて各構造物の仮組を済ませて実際に取り付けるときの”合わせ”をした時までの写真です。

写真がそうとう前なので、カッターマットが新しい・・・(--;)

実に地味な作業なのですが、この辺をじっくり丁寧にしていくことで仕上がった時のスケール感やリアル感が変わってきます。
個人的にですがいわゆるプラモデルチックな感じにならない様にシャープにしていく感じでしょうか。
薄いところは極めて薄く、曲面は極力滑らかに、というイメージで作業しています。

キットは最近のアオシマの味付けも程よく、スタイル抜群な『大淀』が組み立てやすく好キットだと思います。^^

さんざんフジミの旧キットを料理してきた感じからすると隔世の感ありありですね~
構造物の形状も終戦まで国内に残っていた関係で解体作業時の写真など多く残されているので丁寧に検証されてキット化されているのが良くわかり非常に好印象です。さすがアオシマ!!

ウォーターラインシリーズ3社の中でも最も開発に積極的なメーカーですから頑張ってほしいですね^^
(『飛龍』もう一回リストアしないかなぁ・・・)

話がそれましたが、次回も引き続き『大淀』を掲載する予定です。

ではでは(^^)/

『大淀』舷窓の疑問?(@@)

今月も今日で終わりですが・・・・

盆明けからまだまだ残暑が続くのかなと思いつつ急に涼しくなってびっくり(@@)
なんだか梅雨に逆戻りしたような陽気ですが…
夕暮れツクツクホーシとヒグラシに鈴虫、コオロギが一緒に鳴いているのを聞くと妙な感じでもあります。

さて、今回はまた違った考証ネタ?です^^;

・・・というのも

『大淀』なんですが、かねてからの疑問で写真を見ていてこれは舷窓?
と思ったからです。

終戦後、呉工廠で解体された『大淀』ですが、その時の写真が残されています。
ちょっとわかりづらいんですが…

まず一枚目




少しでもわかりやすくするためにコントラストを強調してみましたけど
船体の中甲板の高さに確かに舷窓をふさぐために貼り付けられた”蓋”が確認できます。

続いて二枚目

oyodo-study03.jpg

これはサルベージされるときの大破着底して右側に倒れている状態の写真です。

左舷の後部が写っていますが、やはり中甲板の高さに舷窓の蓋が確認できます。また、上甲板の舷窓もかなり塞がれています。

続いて3枚目・・・

oyodo-study01.jpg

これは終戦まじかの昭和20年に空襲で煙突下に直撃を受けて煙突などが大きく壊れてしまった時の写真なのですが
ちょうど高角砲の間のボートダビッドがたたまれているところに舷窓が確認できます。

竣工直後とされている昭和18年6月撮影の右舷の全景写真はあまりにも有名なのですが、この部分の舷窓は確認できます。
艦首、艦尾の中甲板の高さに舷窓があったかどうかは写真では強く影のようになっていてよくわかりませんし、逆に修正が施されている可能性もあります。

現在リリースされているアオシマのキットなどはこのあたりの再現はされていません。
これは全くの個人的な推測なのですが、光人社から出版されている日本海軍艦艇写真集に記事として掲載されている水野氏の作図を参考にしたと考えられます。ただ、この図面自体はあくまで概要を図にした程度でそのほかに図面集として出版されている『大淀』のものにも上甲板の舷窓はともかく中甲板の高さの塞がれていた舷窓については表記されていません。

もっとも最初から塞いで竣工就役したのであれば記録する必要性も低いと思うので残されていないのも至極当然なんだろうと思います。

ただ・・・この話題自体すでに当の昔から指摘されていてそれなりの考察もまとまっているのかもしれないので、
工場長が『単に今頃気づいた!』だけ、なんだと思いますが(;^ω^)

では、大体でもどのあたりに最初、舷窓があったのか?
という疑問も残ります。

同時期に計画設計された『阿賀野型』を参考に推測するしか今のところないのですが・・・
タイミング的にネームシップの『阿賀野』と二番艦の『能代』は竣工当時かなりの数の舷窓があり、『矢矧』『酒匂』に至っては急に戦訓を反映して舷窓の数が減りました。
とすると、『阿賀野』とほぼ同じ船体設計のコンセプトのスタートで、建造途中で昭和18年の戦訓対応を先取りして手を付けられるところはつけた、と推理できるのではないか?

悩ましいところです^^;

長々と読みづらい記事になりまして恐縮です。
おそらくは占領中の米軍の写真がもっとあるだろうと期待しつつ、新しい記録資料が出てきてほしいものです。

帝国海軍の艦艇の中でも、その建造目的からして非常に独特な潜水戦隊旗艦用軽巡洋艦『大淀』。
のちに連合艦隊旗艦に改装されたは周知ですが、調べれば調べるほど実に数奇で興味深い巡洋艦です。

ではでは(^^)/

プロフィール

ガク@工場長

Author:ガク@工場長
艦船模型を製作しています。
製作依頼は下のメールフォームからお気軽にお問い合わせください。

カウンター
リンク
作品リスト
コメント
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログランキング
ブログランキング参加しました!クリックお願いします^^
艦船ブログランキング
艦船ブログランキング参加しました。クリックお願いいたします!
メール
お問い合わせなどメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文: