飛行甲板(『ホーネットCV-8』1942製作その8)

こんばんは~


今日は春分の日という事で、この三月の三連休の最終日。

皆様はいかがお過ごしでしたでしょうか?


桜にはまだ早い時期ですが、桃の花も咲いたりでだんだんと春の雰囲気が

増してきてますね~^^


『ホーネットCV-8』は飛行甲板の塗装作業。


竣工時のライトブラウンを下地としていったん吹き付けました。






この後、わざと塗りムラを作るようにデッキブルーを吹き付けていきました。



hornet334.jpg


この写真だとほとんどわかりませんね・・・・(汗)

デッキブルーも退色した色味のものを用意して、数回吹き重ねました。



hornet335.jpg


最後にラインを入れて、とりあえずここまで。


このラインはドゥーリットル隊による東京空襲作戦時のみ書かれたラインなので、

これ以降はすぐに消されて元の状態に戻されています。


実際の写真を見てもかなり細いラインに見えたので、

できるだけ細く入れました。

(写真の右端に写っているのはキットについているネームプレートで、船体色で迷彩をしてみました。)


今日のところはこの辺で。

ご覧いただきましてありがとうございました!


ではでは(^^)/

ブログのランキング応援ありがとうございます^^
引き続きよろしくお願いいたします!


模型・プラモデル ブログランキングへ

商標レリーフ2-2-120
製作依頼のお問い合わせはこちらへどうぞ。


船体の製作(『ホーネットCV-8』1942製作その7)

こんばんは^^


まずまずのお天気が続いてくれて助かりますね(^^)/

花粉はだいぶきつくなってきているようですが・・・・


さて、『ホーネットCV-8』は船体の製作作業になります。


といっても、メジャー12の波型迷彩になる関係で、細かいところはほとんど別に塗装して

取り付けていくので、手すりやドア、一部のタラップといった程度ですね^^;






hornet328.jpg

hornet329.jpg

hornet330.jpg

hornet331.jpg



あと、艦橋以外に甲板に載る、機銃座と兵員待機所(甲板作業員用)を

ちょっとディテール追加しました。


今日はかなり薄味な記事ですね^^;


次は小物製作を進めつつ、塗装作業にも入ります。

ご覧いただきましてありがとうございました!


ではでは(^^)/

ブログランキング応援ありがとうございます!

引き続きよろしくお願いいたします(^^)/


模型・プラモデル ブログランキングへ

商標レリーフ2-2-120
製作依頼のお問い合わせはこちらへどうぞ。


今日は米空母(『ホーネットCV-8』1942製作その6)

こんばんは^^


今日の日中はちょっとホッとできる陽気だった関東です。

風はまだ冷たいんですけどね~@@;)


今日は米海軍航空母艦『ホーネットCV-8』です。

艦橋を組み上げました。

塗装との関係で手すりや細かいものは取り付けていませんがおおよそですね^^;






hornet326.jpg


米海軍艦艇のこのころの艦橋の特徴として丸い前面と丸窓があります。


汎用品を使ってこんな風に合わせていきました。

舷窓パーツは米海軍艦艇用のものです。


おおよそ雰囲気が出せるのではないかと思います。


hornet324.jpg

hornet325.jpg


艦橋後部のタラップ部分。

キットパーツの艦橋は幅が狭い、というのが以前から指摘されていましたが・・・・


厳密にいうと、エンタープライズからホーネットまで数年経過した関係で

全長、全幅などが若干マイナーチェンジされてこの『ホーネット』は竣工しています。


700分の一というスケールではほとんど無視できるレベルではありますが、

今回はこの写真を基準にバランスを考えてみたところ。。。。

1942JuneCV8HornetMachineGunDamageEncB.jpg



「あれ?だいたいあってるんじゃないか?」と思った次第です。

アングルや、レンズなどの影響もあると思いますが、相当スリムです。


という事で資料をひっくり返して計測。。。。


船体もスリムシルエットなタミヤキット、仮組してバランスを確認しましたが大丈夫と

個人的に判断しました。


一ミリほど厚みを増して製作した作例も多いですが、載せてみるとちょうどいい^^


まさに味付け、の差というくらいなんでしょう^^;

ピットロード版は逆にかなりグラマーな印象です。


あと、問題は煙突の排気口の大きさなのですが、今回はこのまま行きました。


その他、パーツでは省略されている舷窓や水密ハッチ、昇降口など追加しておきました。


今日のところはこの辺で。。。。


ご覧いただきましてありがとうございました!


ではでは(^^)/

ブログのランキング応援ありがとうございます^^
引き続きよろしくお願いいたします!

模型・プラモデル ブログランキングへ

商標レリーフ2-2-120
製作依頼のお問い合わせはこちらへどうぞ。

爆撃機隊完成!(『ホーネットCV-8』1942製作その5)

こんばんは^^


まだまだ暖かくなってきませんね・・・・^^;

陽が落ちると足先からしんしんと冷えてくるのを感じます。。。。
(歳だな~@@)

さて、『ホーネットCV-8』製作は昨日の記事に引き続き、ドゥーリットル隊。


先に仕上げていきました。








資料としている写真にも明瞭にうつされているものも多く、非常に助かりますね^^

B-25は大戦中非常に多数、また長期間にわたって製造、就役していたので、

調べてみるとかなりバリエーションも豊富です。


今回のドゥーリットル隊については、翼の前端部分が黒いこと、カウルも同じく先端が黒。

垂直尾翼の前端も黒く塗られていることがわかりました。

風防部分も後期のものは機首の風防はふさがれたものがあったりと、なかなかややこしい^^;

今回のには無いんですけどね。

いろいろな表現方法があると思いますが、個人的なイメージから

粒子の細かいミラーシルバーにモールドを際立たせるようにスミイレすることにしました。


星形のマークを貼り付けて、全体をスミイレして、空中線を張って完成しました。(^^)/


hornet319.jpg

hornet321.jpg


こんな感じに仕上がりました^^;


空中線も、これまたいろいろと時期によって変更されていたりと、、、、

なかなかどうして調べだすと大変。。。


通信や電探装備ってこの当時でも日進月歩なので、どんどん変わっていったんでしょうね~


hornet322.jpg


スケール的に、この程度にまとめました。

一度機体の天井部分に短く存在するアンテナ2本も再現しようと思ったのですが、、、、

空中線に使っているのは0.06号の金属テグスで、これでも実際には太いのです。

アンテナがそれくらい、、、、@@;)


そこから尾翼までの間に空中線を張り込むとバランスと強度に加えて精度も気になってしまうので

今回はこの辺で。。。。^^;


hornet320.jpg


という事で、爆撃機隊は完成です(^^)/


今回の作業で、さらに作りこむとしたら、、、、?という部分も考えつつ、、、


こういうのは専用のエッジングとかは出ないだろうなぁ・・・・とも思いました。


次からは船体の方に作業は戻ります^^

ここまでご覧いただきましてありがとうございました!


ではでは(^^)/

ブログランキングの応援、本当にありがとうございます!
引き続き、よろしくお願いします!(^^)!

(↓をクリックしていただければ嬉しいです^^ )

模型・プラモデル ブログランキングへ

商標レリーフ2-2-120
製作依頼のお問い合わせはこちらへどうぞ。

ドゥーリットル隊(『ホーネットCV-8』1942製作その4)

こんばんは!


なんとなく生ぬるい空気の一日でしたね^^;

小雨がぱらつくこともあったかな。。。

今日の記事は航空機


まぁある意味作品としては”主役”となるドゥーリットル隊のB-25ミッチェル。

16機作っていきました。





hornet315.jpg


非常によく特徴をとらえたタミヤのパーツです。

ただ、金型の疲れかかなりガタついていたので、ひとつづつ丁寧に削りながら整えて

エッジングパーツを使ってプロペラと車輪を取り付けていきました。


ライオンロアの艦載機パーツがバランス的にちょうどよく、

パーツ自体もエッジングにしてはやや厚めなのでボリューム的にもいい感じになりました。


hornet316.jpg


プライマーを吹き付けた後に、下面をニュートラルグレー

上面はオリーブドラフを少し明るめに調色したものを吹き付けていきました。



この後、キャノピーやカウル、プロペラなど細かい部分の塗装をして仕上げていきます。


空母にこれ載せて攻撃したアメリカ軍の発想って・・・

あるいみ奇想天外ではあります。。。。


実際の作戦もほぼ特攻に近い戦術だったと思いますが、、、、

その効果たるやミッドウェー海戦に繋がっていくことを考えると、

勝敗を決めた最初の一石、といえなくもないかもしれませんね。


ではでは(^^)/

ブログランキングの応援、本当にありがとうございます!
引き続き、よろしくお願いします!(^^)!

(↓をクリックしていただければ嬉しいです^^ )
プロフィール

ガク@工場長

Author:ガク@工場長
1/700の洋上模型をメインに350やLEDを仕込んで製作しています。
依頼製作も承っています。お気軽にご相談ください。

カウンター
リンク
作品リスト
コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログランキング
ブログランキング参加しました!クリックお願いします^^
艦船ブログランキング
艦船ブログランキング参加しました。クリックお願いいたします!
メール
お問い合わせなどメールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文: